« 川崎フロンターレ×モンテディオ山形 | トップページ | 川崎フロンターレ×清水エスパルス »

2009/08/30

FC東京×大分トリニータ

割と近所なんで、等々力で試合がない週末に
味スタで試合があればよく観にいきます。

ここんとこ絶賛引きこもり仕事中なので、夕涼みもかねて
東京×大分をお気楽に観戦。

大分はなぁ、フロントが迷走していて選手たちがかわいそうだ。
一生懸命、必死にやってたよ。往年の(つっても去年だけど)
カメナチオ復活かと思うほどの粘り強い守り。
同じ山形も粘り強いんだけれど、最後の最後の強さがある。
でもやっぱり、やっていることがうまくいかないと、90分を
失点なしで終えるのは難しいこと。どんなチームでもね。
攻撃の組み立てとか、そもそもチームがどこを向いているのか、
さっぱりわかんないまま、疲れて負けてしまった感じがする。

シャムスカ更迭が遅れた時点で(中断前に交代しておけばまだ
チームを立て直すチャンスはあったろうに…)降格が現実の
ものになってしまって、それでも最後まであがくのか、それとも
降格は仕方ないけれどその後の土台作りをするのかが見えない。
取ってくる選手もそうだし、監督もそうだ。
応援してくれるサポーターがいる限り、降格は仕方ないと言えない
のはわかるけれど、現実は現実として受け止めなきゃと思うんだけど…。
このままだと、来季選手は出ていくだけで、またイチからになっちゃう。

…、まあ、降格するときは、どこもボロボロになっちゃうんだけどね。。。

東京は相変わらず、またこれがよくわからない(笑)
いや2番目か3番目に個人的に親しみを感じるチームだから、
愛を込めた「よくわからない」なんだけれど、選手の特性と目指して
いるサッカーがバラバラなのに、なんとなく勝つときは勝つべくして勝つ。
野村監督が言う「不思議な勝ち」が多いチームかもしんないね。

サポーターに根付いている好きなサッカーと監督が目指している
サッカーはまるで違うんだけれど、そんな違いなんか吹き飛ばして
くれるような石川の素晴らしいゴールだったり、今日の米本のきれいな
ミドルシュートだったりが生まれるんだよな。びっくり箱みたいだ。
サッカーでひとつのゴールは大きな意味を持つんだけれど、
東京の場合は、他のチームよりももっと1点の重みがある気がする。
負けてても1点取れればなんとかなりそうな気がするし、
調子に乗ったら何点でも取れそうな気がする。。。伝統ですな。

自前の若い選手が育っているのもうらやましい限り。
今季ブレイクしかけてる米本は、まだ無駄な無駄走りしかできない
けれど、着々と経験を積み重ねているんで、順調に育てばいい戦力に
なりそうな感じがありありですよ。権田もいいGKになったしなぁ。

とまあ、いろいろ考えを巡らせながら、のんびり観戦。
米本のゴールにはびっくりしたけどね。。。
まあ時間もあれだし、出すとこもないからとりあえず打っちゃえ、
ていったら素晴らしい軌跡でゴールに吸い込まれていった。

さーて、明日の等々力は清水戦。
「ここ一番」に伝統的に勝てない川崎ではあるけれど、相手にとっても
明日の試合は大一番。緊張感溢れるいい試合になるといいな。
でも雨なんか? 台風って?
まあ、近所だから濡れようが風が吹こうがたいしたこっちゃないけれど。

|

« 川崎フロンターレ×モンテディオ山形 | トップページ | 川崎フロンターレ×清水エスパルス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/46066228

この記事へのトラックバック一覧です: FC東京×大分トリニータ:

« 川崎フロンターレ×モンテディオ山形 | トップページ | 川崎フロンターレ×清水エスパルス »