« 名古屋グランパス×川崎フロンターレ | トップページ | ちょいと仕事の宣伝です »

2009/08/20

ジュビロ磐田×川崎フロンターレ

あんなにうまくいった名古屋戦と何が違ったのか。
川崎の先発メンバーは前節とまったく同じ。
まあ、簡単な話だけど、相手が違ったんで…。

名古屋戦でうまくいった形を続けようとしたのは明白。
この過密日程で、普通ならば先発メンバーの1~2人
の入れ替えはあって当然なところ、代えなかったから。

でも磐田は名古屋戦のビデオをみて研究したのか、
それともこれが自分たちのいい形なのか、全然違った
アプローチで試合開始から川崎を追い込んだんだね。

(続き)に続く

真ん中から攻撃を組み立ててきた名古屋に対し、
積極的な前からの守備で中盤を制した川崎。
ジュビロはその中盤を省略して裏へ裏へとボールを入れた。
もしくはサイドの深いところにFWを走らせ、川崎のDFライン
をできるだけ下げさせようとした。
効いていた菊地の積極的な守備も、ボールを追うだけに
なって、FWがあっちこっち行くもんだから、マークがずれる。
結果、中盤が間延びして、セカンドボールも拾えない川崎。

対応策としては、DFラインが勇気を持って押し上げること
だけど、前田とイグノは、一発で決めてしまう力があるから怖い。
でも怖がっていても、そうでなくても結果は同じだったね。
これは試合が終わってからわかることだけど。

前と後ろが寸断されたときの川崎はダメダメになる。
(どこのチームでも同じだけど)
川崎のFWは、中盤が連動しているときは献身的な守備が
できるようになったけれど、ロングボールを蹴られると
そこまで下がって守備をしようとはしない。
普通じゃないのは鹿島のFWくらいか。だから強いんだ。
全員で守って、ファウルをもらったりゴールキックで陣形を
立て直すことができる。したたかだね。

で、もうひとつ川崎に足りないもの。
憲剛が抑えられたときの代わりの選手。
憲剛が欠場したときには代役がなんとかするんだろうけど、
ピッチにいるのに抑えられてしまったとき、それでも最後まで
憲剛に頼ってしまう。
時にはジュニーニョやテセが個人の力で得点を決めることがある。
けれども、組み立てあってこその得点なわけで、誰かが代わりに
できるようにならなきゃいけない。

谷口であったり、寺田であったり、山岸であったり…。
VJがいればなんとか代わりができるだろうけれど、怪我のいまは
誰かがやらなきゃいけない。またやろうとチャレンジしなければ
いけない。それが見えてこないのが残念だ。

1点の重みってすごいね。特に先取点。
試合開始直後、やっぱり川崎寝てたもんな…、いくら磐田がうまくやって
きていたとしても。立て直そうと率先する選手がいなかった。
なんとなくこのまましのげば、というのが見てとれた。

……、なんて、文句ばっかり書き連ねているけれど、
前田の先取点が入らなかったら、たぶん後半に立て直した川崎の
思う壺なゲームだったと思う。
FWが5人くらいいたっけか、後半の捨て身の攻撃時も、
数少ないDF陣はしっかりと守っていたし。

やっぱり行けばよかったかな…。今季の遠征はいいこと続きだったし(笑)
その運はここで使うよりも、また次の名古屋で、と思ったのは確かだし…。

|

« 名古屋グランパス×川崎フロンターレ | トップページ | ちょいと仕事の宣伝です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/45976784

この記事へのトラックバック一覧です: ジュビロ磐田×川崎フロンターレ:

« 名古屋グランパス×川崎フロンターレ | トップページ | ちょいと仕事の宣伝です »