« FC東京×大分トリニータ | トップページ | 川崎フロンターレ×横浜Fマリノス »

2009/09/02

川崎フロンターレ×清水エスパルス

油断してたら明日もう試合じゃん。。。
選手たちもハードだろうけど、サポーターもハードだ(笑)
それも諦めきれない近隣の試合が多いしね。

日曜日の清水戦は消耗戦でした。
選手も、等々力競技場に訪れた観客たちも。。。
雨だったからということもあるけれど、やっぱりこの規模じゃ
2万人入ったらもう飽和状態になる。快適に観戦どころじゃない。
試合開始2時間前に着いて、連席ないってどういうことだ?
家族連れがコンコースにシート敷いて座り込んでいる。
席を諦めて場内なのにテレビモニターで観戦するひとたち。。。
このひとたちが、初めて来たひとじゃないことを祈ってます。
初めてきてこれじゃもう来ないだろうしね。

僕は人が多すぎて探し回るのにも疲れたので、アップグレード。
おかげで快適に観れたけれど、やっぱちょっと高いな。。。

それはさておき、ただでさえ嫌な相手なのに、好調清水は強かった。
後半32分に先制点を奪うまで、水も漏らさぬ完璧な集中力、てな
感じで試合を支配していたもんな。すごかった。
川崎も個人の力でチャンスを作り出すけれど、どちらかというと清水の
圧力にミスを連発してしまう姿が目立った。
川島の好守がなければ2、3点は取られていてもおかしくないくらい。

ところが90分間集中し続けるというのは難しいもので、待望の得点を
あげた清水は、喜びすぎたのかペースダウン。それでも堅い守りは
変わらなかったけれど、前に行く圧力はなくなった。
最後の15分になって川崎がようやくパスをつなげるようになった。
それも清水に決定的な追加点を与えそうになるピンチを冒してまでの
前がかりの攻撃で、だ。

このリスクを取れることが、今季の川崎の強さかもしれない。
1点取られても2点取り返す。2つめの失点を恐れるよりも、追いつくこと
を最優先にする気持ちが選手のなかにしっかり根付いている。
特に等々力では、先に失点したほうが後半になってから面白いことが
起こるんじゃないかと期待してしまうくらいに、だ。
相手チームにしてみたら、怖いことだろう。

高い集中力と、ようやく奪った1点で体力と気力を使い果たした(ようにみえた)
清水は、1点を守りきることを選択する。悪いことじゃない、普通は。
堅いもんね、守りは。自信をもって攻撃を食い止めているようにみえた。
でも守りを固められてシュートを打てなくなるような川崎じゃない。
それでもフィニッシュまで行ける、のだ。他チームにはない攻撃力。
自棄になったときの川崎ほど怖いものはないぞ(笑)

ロスタイムでの同点弾は生まれるべくして生まれたもの。
まるでシナリオ通り(笑)
でも逆転するには時間が足りなかった。あと5分あれば取れていただろうけど。

さて、もう明日はナビスコ準決勝か。
憲剛と「神」川島がいない。
代わりに入るだろう選手の奮起がないと、ホームとはいえ厳しい試合になる。
そう、チームの総合力がないと、タイトルなんてひとつも取れないのだ。

|

« FC東京×大分トリニータ | トップページ | 川崎フロンターレ×横浜Fマリノス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/46094827

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎フロンターレ×清水エスパルス:

« FC東京×大分トリニータ | トップページ | 川崎フロンターレ×横浜Fマリノス »