« 川島永嗣 | トップページ | 横浜Fマリノス×川崎フロンターレ »

2009/09/06

オランダ×日本

オランダの決定力に改めて驚かされた。
得点が入ったシーンはほぼGKノーチャンス。
最後の詰めが甘くなった時間帯とはいえ、
少しのズレもなくそれもすごいスピードで放つシュート。
日本人はドフリーでもあのシュートはなかなか打てません。

GK正面とか2階建てのゴール狙ったようなシュートは
ほとんどなかったもんな。
決められるときに確実に決める、お手本のようなシュート。
すごいとわかっていても、やはり自国の選手を相手に
して試合を観ると、そのすごさがより鮮明に伝わってくる。
久しぶりに世界のトップレベルを体感させてくれた。
日本はまだまだ本戦までにやらなきゃいけないことがある。

それにしても、後半30分くらいからの中盤の弱りっぷりは
目を覆いたくなるようなものだった。
アウェーで、いつもよりプレッシャーが強い相手で、そして
大雨が降ったり強い日光があたったりして大変だったろう。
弱るのも無理はない。
W杯のときみたいに長期の時差調整とかもやってないし。

でも、そしたらどうして稲本や今野、阿部、駒野を使わなかったのか。
先発メンバーで、極限までこの強い相手を味あわせたいという
気持ちはわからんでもない。それが狙いだったんだろう。
(固まってた、という経験値の低い監督ではないはず…)
オランダでやってる本田を使ってみたいというのはわかる。
1点取られて前に興梠を入れたのはわかる。
本戦でももう1枚は代えられるんだ。この試合ではあと4枚もあるんだ。
控えの選手にオランダを体験させてやるのも大事じゃなかったのか。

試合後のインタビューはこんな誰でもわかりそうなことを聞かないからつまらん。
まあ記者会見ではこの点に言及する記者もいるだろうから、明日のニュース
で知れることだろうけど。。。
その場で咄嗟に言うことと、頭整理してから言うことは違うんだって…。

前半は非常にうまくいっていたからよけいに残念だ。
実力差があるチームと対戦するときは後半30分から差が顕著に出るけれど、
それでもなんとかやりようがあるはずだ。
選手だけでなんとかしようと、できると、してくれと監督は期待していたの
かもしれないけれど…。
その点、後ろから修正できなかった永嗣はちょっと反省だな。
やろうとしたけれどできなかった、というふうには見えなかったから。
みんなに意思統一をさせなきゃいけないから。
言うこと聞かなかったのかもしれないけれど。

代表GKって大変だ。我の強い10人をコントロールしなきゃいかんし。
でも、彼のことだから、完敗からも何かをつかみ取っていることでしょう。
監督、こんな試合の次にGK代えたらいけませんぜ。
せっかく痛みを伴って得た経験が生かされなくなる。

あ、憲剛は楽しんでサッカーしていたかな…?。
絶妙ターンを2回ほど見せてくれたけど、なかなか壁に穴は開かなかったね。
テレビに映っていない部分、オランダの選手の守備意識はすごく
高かったんだろう。
それでも連携で崩せる場面を作り出せなかったのは残念だ。

さあ、明日は横浜。

|

« 川島永嗣 | トップページ | 横浜Fマリノス×川崎フロンターレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/46131706

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ×日本:

« 川島永嗣 | トップページ | 横浜Fマリノス×川崎フロンターレ »