« 日本×ガーナ | トップページ | 妥当な措置、だけど »

2009/09/13

納得いかん

今季のJリーグ天王山。
というには勝ち点が離れているけれど、
1位と2位の戦いだ。

それがあれしきの雨で中断、中止、ノーゲーム。
今日はテレビ観戦だったけれど、もっとひどい状況で
試合が行われていたのを、サッカーファンなら誰でも知っている。
雷や強風で観客に危険があった訳じゃない。

雨でも雪でも試合を続けるのがサッカーじゃないのか?
自然と戦うのも、試合の要素のひとつでもあるはずだ。
観客だってそんなこと十分に承知している。
水が浮いたピッチで、ボールは何度も止まったけれど、
選手たちは持てる技術を駆使して勝利を目指していたんだ。

試合中断時間は30分程度。
観客の帰りの足を心配したとも言われている。
ちょっと待て、地震で電車が止まって僕がスタジアムに
たどり着けなかったときも試合を強行したじゃないか。
あの時点では帰りの足なんてあるかどうか不明だったのに。

試合を止めたのは悪い判断ではなかったと思う。
現地にいなかったから、どれだけ危険があるかはわからんけど。
でも残り15分程度、点差は2点、ここで中止にするということは、
審判なりコミッショナーが試合結果を左右するということだ。
これは避けてほしかった。
川崎がそのまま逃げ切っていたかもしれない。
まともにプレーできない状況でも、もしかしたら鹿島が追いついて
いたかもしれない。

日を改めて再試合ということらしいけれど、再試合まではかなりの
期間を要するはず。
ACLやナビスコも残っている川崎に、ウイークデーだろうが日程が
空いているわけがない。カレンダー見たらもう最終節直前のところ
しか空いていない。
そんなところも総合的に判断したんだろうか。

そして再試合の条件だけど、今日の結果をリセットして初めから
やり直しというのがJリーグの通例らしい。おかしいよね?
調べてみたら、過去2度だけ得点差がついている時点で中止に
なって、0-0から再試合をやったことがあるらしい。
でもいずれも前半戦で中断になって、再試合になったとのこと。
試合終了までわずか15分というところで打ち切り、というのは
あまりにも切ない。

鹿島にとってもそうだ。
たとえ仕切り直しで最初から再試合して勝ってそのまま優勝しても、
あの負け試合が中止になったからね、と必ず言われる。
そんなの悔しいでしょ。

だから、最後までやってほしかった。
どんな泥試合になっても、決着をつけてほしかった。
試合中止が決定したとき、鹿島の選手が喜んで引き上げていった。
王者、のそんな姿も見たくなかった。

15日のリーグ理事会で再試合を含めた対応が協議されるらしい。
どんな結果が出ても、みなが納得することにはならないだろう。
あのまま続行することだけが、万人の納得する結果となったはずだ。
こんなんじゃ試合できない、と両チームも観客も、誰ひとりアピール
していなかったのだから。

|

« 日本×ガーナ | トップページ | 妥当な措置、だけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/46195771

この記事へのトラックバック一覧です: 納得いかん:

» ミサンガ 作り 方 [ミサンガ 作り 方]
ミサンガ 作り 方を大至急お探しの方も、ミサンガについてじっくり研究したいかたも、どうぞ。 [続きを読む]

受信: 2009/09/13 16:59

« 日本×ガーナ | トップページ | 妥当な措置、だけど »