« 妥当な措置、だけど | トップページ | 川崎フロンターレ×名古屋グランパス »

2009/09/20

川崎フロンターレ×浦和レッズ

ホームで負けたのはいつ以来だろう。
ちょうど1年ぶり? 1年負けていなかったのも驚きだけど。
そもそも等々力での浦和戦は分が悪い。
アウエーではそこそこの勝負はするんだが…。

川崎の今日の負けは、自滅に近いものだと思う。
試合開始直後から浦和の圧力に押され、ずっと腰が引けたまま。
それでも集中力で凌いではいたけれど、エアポケットに入った
ような失点。取り返そうとすると焦りがミスを呼び、組み立て
ができないまま時間が経過。
カウンターでチャンスを作るのみのサッカーになった。

負け試合ではいつものこと。憲剛だけしかゲームを作れない。
憲剛が自由に動けなかったり、動きが重かったりするともう
前線の個人単発攻撃しかできない。
憲剛が2人いるようなチームは他にもありゃしないけれど、
そんなチームが優勝するんだと思う。
養父もチャンスをもらいながら、なかなかモノにできない。
代わりの田坂もそうだ、谷口も一皮むけないとだめだ。
いい経験を積めているけれど、それだけじゃ優勝なんてない。

浦和もこんなときに生き返らなくても…。
ボールへの寄せは総じて早くて、球際も強かった。
悪い時の、待つだけの守備ではなかったし。

それにしても川崎はおつきあいがいいもんだ。
鹿島が負けるとこっちも負けるというパターンは何回目?
まあ、おかげで? 上位が混戦になってきそうだし、
それも抜けるチームがなさげだから、まだまだチャンスはある。
しっかりと立て直して、中3日で迎えるACLに集中!

|

« 妥当な措置、だけど | トップページ | 川崎フロンターレ×名古屋グランパス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/46256841

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎フロンターレ×浦和レッズ:

« 妥当な措置、だけど | トップページ | 川崎フロンターレ×名古屋グランパス »