« 名古屋グランパス×川崎フロンターレ(ACLQF) | トップページ | 鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ »

2009/10/05

川崎フロンターレ×横浜Fマリノス

今季2? いや3試合めくらいかな、GK川島が
リズムを作り出した試合だったね。

怖いくらいに積極的な守り方。
失敗すればそのダメージも半端なく大きいだろうに、
悔いなくこの試合を戦おうという気概が感じられた。

ACL名古屋戦。
試合が終わってサポーターの前で挨拶をし引き上げて
いく川島の後姿は、悔しさで震えているようでもあり、
誰よりも足早にピッチを去っていった。
この瑞穂、選手にとっては酷な作りになっていて、
ロッカーに通じる入口がたぶんひとつ、同じなんだ。
歓喜に沸く名古屋の選手たちの横を通って戻らなきゃ
いけない。これはキツイな、と遠目に見ていた。
でも川島だけは、スタンド下の別の通路に消えていった。
勝手知ったる瑞穂だったからか、あの通路は我慢
ならなかったのか…。

その姿を覚えていたこともあるけれど、彼にとって今日は
いつもよりずっと大切な一戦になるだろうと思っていた。
そして見せてくれたのが序盤のピンチを凌ぐ鬼のような姿。
セオリーからはかけ離れた飛び出しだったかもしれないけれど、
絶対に守り抜くんだという気持ちは十二分に僕に伝わった。
それが他の選手にも伝播したのか、集中力は高まった。

(続きに続く)


言葉は悪いけれど、横浜の力づくのサッカーでグダグダに
なる場面もありながら、最後のところの集中力、気持ちは
決して切らさなかった。
午後1時キックオフという信じられない日程は、ピッチ上の選手に
暑さという季節外れの試練を課した。
でもそれに負けることもなく、みな足が攣るまで走った。

いつも耐えきれずに得点を与えてしまう時間帯も凌ぎ、
厚いDFに跳ね返されてばかりの攻撃も根気強さを失わなかった。
そして谷口の先制点、レナチーニョの追加点と続く。
最初の川島の鬼セーブを見たとき、勝ちは確信したけどね…。
でもやっぱり、足が止まる後半が不安だった。
確かに出足は鈍ったかもしれないけれど、気持ちは切れなかった。

閑話休題、
それにしても関塚監督は頑固だ(苦笑)

普通、あんな嫌な負け方をしたあとの連戦。リーグ戦も連敗中。
疲れも心配だし、先発メンバーを入れ替えてもよさそうなのに。。。
ACL名古屋戦とまったく同じメンバーで試合を始める。

勇気が要る決断だと思うよ。
メンバーを入れ替えても誰も非難する状況ではないし、
疲れがたまっているだろうメンバーで戦って、ほらやっぱり
ダメじゃないか、疲れを考慮して入れ替えはしなかったのか、
なんて言われる可能性が高かったろうに。

おそらく、僕の想像だけだけれど、あの瑞穂の試合を戦った
メンバーに、どうしてもいいイメージを取り戻してほしかったんだろう。
ここで替えてしまうと、替えられた選手はそこで今季が終わって
しまう。逆に、これで結果が出れば、後半戦に向けて確固たる
柱ができる。こんなにコンディションが悪くても、勝てるんだ、と。

結果、この決断は成功。
いまいち安定感を欠いていたこのシステムは成功したことになる。
(でもまだ穴があるのが心配だけど…)

ふぅ、久しぶりに、笑ってスタジアムから帰れた気がするな。

|

« 名古屋グランパス×川崎フロンターレ(ACLQF) | トップページ | 鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/46398133

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎フロンターレ×横浜Fマリノス:

« 名古屋グランパス×川崎フロンターレ(ACLQF) | トップページ | 鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ »