« 柏レイソル×川崎フロンターレ | トップページ | ブラインドサッカー アジア大会 マレーシア×日本 »

2009/12/17

関塚監督、お疲れさまでした。ありがとう

いまタイトル欄にテキストを打ち込んだとき、まったく同じタイトルで
書いていたことを変換予測機能にて知らされました。

関塚監督、お疲れさまでした
去年の4月、体調不良が原因で辞任したときのエントリーです。
この時は、正直、フロンターレに監督として戻ってくることはない
と思っていました。文面からもそれが伺えます。
でも今年、再度チャレンジしたいということで戻ってきてくれた。
すごく勇気のいることだったと思う。
なにせ前年、高畠さん監督でチームは立ち直り、2位になっていたんだから。
次はタイトルしかないんだもんね。
この時点で、タイトル取れなかったら1年限り、ということは決めていたのかな?

で、今年のチームは、ある意味、タイトルの呪縛に自滅した形でシーズンを
終えた。ならば辞めるしかない、と考えたのでしょうか。
僕も、今年取れなかったら監督交代かな、ひとつの時代が終わるのかな、
なんて漠然と考えていた。
だから、シーズン終了前の続投要請は意外だったし、もしかしたら来季も?
と淡い期待を抱いたことを覚えている。

今季はいろんなことがあった。
さっき書いた、タイトルの呪縛、に囚われて、方向性を失ったときもある。
トップじゃなければ意味がないということで、目の前の相手に対しする敬意を
忘れてしまったこともある。クラブは反省しなきゃいけないね。

でも、関塚監督が成し得た功績は10年ちょっとというチームの黎明期において
すごく大きなものとして残っていくことでしょう。
なんせJ2のセカンドライナーをJ1で優勝争いをするところまで成長させたのだから。
それも大きな補強なしで、リーグ中位の予算規模で、なのだ。
ここ数年の年イチ大物補強なんて可愛いもんですよ、ビッグクラブと比べたら。
身の丈経営で身の丈以上の結果は、監督がもたらしたものと言っていいと思う。

関塚監督には、本当にありがとうと言いたい。
きっとどこかで、今度は対戦することになると思いますが、その時が楽しみです。
それよりも、五輪代表の監督とかどうかなぁ?
原団長とは旧知の仲でしょ?
いやいきなり来シーズン他のチームとか言われるとそれはそれでびっくりだけど。
それまでは、来年のW杯の解説でもして、のんびりと外からサッカーを見てください。
そして、新しいフロンターレを、いつもの等々力で、お見せしたいと思います。

お疲れさまでした。ありがとうございました!

|

« 柏レイソル×川崎フロンターレ | トップページ | ブラインドサッカー アジア大会 マレーシア×日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/47041979

この記事へのトラックバック一覧です: 関塚監督、お疲れさまでした。ありがとう:

« 柏レイソル×川崎フロンターレ | トップページ | ブラインドサッカー アジア大会 マレーシア×日本 »