« 2009年4月12日 - 2009年4月18日 | トップページ | 2009年4月26日 - 2009年5月2日 »

2009/04/22

川崎フロンターレ×セントラルコースト・マリナーズ

ある意味、ACLの醍醐味が味わえた試合だった。

ホームで醜態を晒してしまったCCMは川崎対策、
ボールの出所となる憲剛を抑えたり、ブロックをしっかり
作ってシュートを打たせなかったり、攻撃面では裏やサイド
のスペース、センターバックの真ん中を狙うとか、
出来ることをしっかりやってきた。

それをやってできるチームなんだな、ということがわかるし、
ボール際は厳しく、体格差を利用してホームでの試合の
ように主導権を完全に渡してしまうようなことはなかった。
試合後のコメントを見てもわかるように、前回はお手上げ、
だったけれど、今回は悔しかった、と…。
こうやってアジアのレベルがどんどんと上がっていくんだね。
オーストラリアのチーム、黄色いユニを着たやつらには
もう二度と負けたくないけどさ。

川崎はじっと我慢の展開が続いた。
真ん中行っても弾き返されるのはわかっているから、丹念に
サイドを突いて穴が開くのを待った。リーグ戦なんかでは、
途中で面倒になって正面突っ込んだりしてしまうんだけど、
あくまでも我慢強く、ボールを散らし続けた。

川崎のシュート数8本というのは、このチームにしてはかなり少ない。
負け試合であっても2桁は必ずと言っていいほど行ってるし、
調子の上がらなかった春先でも、ハーフでこの数字は超えている。
CCMがしっかりと打たせない対策をしてきたこと、そして川崎が、
しっかりと決定機を迎えるまで我慢した、ということの表れなんだろう。

こういう拮抗した試合を決定付けるのはセットプレー。
ここでも我慢が実った格好。
憲剛とヴィトールが蹴るコーナーキックはほとんど遠いサイドへの
緩やかなボール。それを折り返して、またはセカンドボールを拾って
チャンスに結び付けていた。
あんな体格差がある場合、真ん中に強いボールを蹴っても弾き返され
る可能性が強いし、強いボールであればあるほどクリアボールは
大きく跳ね、相手にカウンターのチャンスを与えてしまうのだ。

FKも同じこと、高い壁を避けるように出すボールが多かった。
なかなか意図が合わなかったから、観ているほうとすればイライラさせ
られてしまうけれど、選手もきっと同じだったはず。
でも我慢して、こちらもCCM対策を最後までやり通した。

その結果が2-1の勝利。
次の中国アウエー戦をなんとかしのいで(これは厳しい戦いになりそう…)、
グループ最終節、浦項に勝って、1位で抜けたいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/19

川崎フロンターレ×大宮アルディージャ

いつまで大宮の集中力が続くか、がカギだと思ってた。
前半、そりゃ大宮は素晴らしいサッカーをしてた。
好きじゃないけどね。

しっかりとリトリートして守ってカウンター。
ひとりで局面打開できるタレントがいないチームで、
非常に現実的な戦術なんだろうと思う。
これまでそれで結果が出てるし。

でも、先取点を取って、ちょっと色気を出したところを、
逆にカウンターを食ってしまい、その後は勢いに押し切られる。
試合を決定づけようとしたんだろうけれど、守備的な戦術って
のはもう90分集中していないと、必ず穴は開いて失敗する。

対する川崎は、穴だらけ…、なんだけど、同点に追い付ければ
なんとかなるという予感はあった。ホームの力を感じたねぇ。

最近、等々力の観客は試合の勘所をつかんできたような気がする。
ここで取る、取ったらイケる、みたいな後押し。
試合開始前からサポートしてるコアのひとたちの力はもちろんあるけど、
ここという場面ではホーム側スタジアム全体がひとつになるんだよな。

名古屋戦でもそうだった。
選手の気持ちに呼応して、結果として全体の一体感が
生み出されているんかな。
ようやく、今季のチームが出来上がってきたってことなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月12日 - 2009年4月18日 | トップページ | 2009年4月26日 - 2009年5月2日 »