« 2009年6月28日 - 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月26日 - 2009年8月1日 »

2009/07/10

川崎フロンターレ×鹿島アントラーズ

ちょっと遅くなってしまったけれど、
先週日曜日の川崎×鹿島のことなど。

相手に退場者が出て数的有利に立ったとき、
川崎の戦い方はとたんにぎこちなくなるんだよね。
今に始まったことじゃなく、もう伝統的と言っていいくらい。

やっぱりまだ、自分たちのサッカーはリアクションで、
確固たる自信がチームのDNAとして根付いていないのか。
相手が攻めてこないと攻められない…。
カウンターは最大の武器だけど、相手が攻めてこない限りは
その鋭さも半減しちゃうからね。

まあたまには勢いに乗って勝つときもあるけれど、
この試合の場合は鹿島に敬意を払い過ぎちゃった。
堅苦しいパス回しをかっさらわれて同点弾を献上。

そのワンチャンスをモノにしてしまう鹿島はさすがだと思う。
あれ以外には、11人だった時もさして得点機はなかったもの。
だから、いま、首位なんだな。

1人ひとりが、こういう場面ではこう攻める、守る、の意識が
チームのDNAとして確立されて、受け継がれているんだね。
攻めるのか、守るのか、時間を使って攻めるのか時間を浪費
させるのか…、誰が行って誰が行かないのか、
まだ川崎の中には戦術の根っこが出来上がっていないんだ。

ACLの激戦やハードスケジュールを、若手の台頭で乗り越えて
こられたから、少しは成長しているんだろうけれど、まだまだ
鹿島には敵わなかった。
でもそれは、何年か前に思い知らされた圧倒的な差じゃない。
あと少し、のところなんだ。でもあと少し、がすごく大きい。

新潟戦、またもや行けないけれど、テレビも見れないけれど、
殻をひとつ打ち破って帰って来てほしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月28日 - 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月26日 - 2009年8月1日 »