« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月13日 - 2009年9月19日 »

2009/09/10

日本×ガーナ

やっぱりGKは川島だよな。
ひいき目だけど。
いや今日の試合を観たら、ひいき目じゃなくても
川島だと言えるんじゃないかな。
楢崎と川島、この2人の競争になるよ、きっと。

日本代表のなかで、いい化学反応が起こってるんじゃないか。
そんな期待感を抱いて、試合の終盤を観ていた。
ガーナの足が止まったということもあるけれど、
投入された玉田と本田がどんどん勝負を仕掛ける。
長友は自分のPK献上を取り戻そうと懸命になる。
駒野は奪われつつあるポジションを奪還するために
最後まで走り続ける。

そんな個人的なモチベーションの高さと、
憲剛が1点返したあとに自らボールを拾ってセンターサークル
まで戻ったときの、この試合に勝ちたいんだという気持ち。
それが融合されて、短時間での3得点につながったように思える。
日本は今までこれやられる側だったから…、なんか逆に緊張する。

最後に決めたのは、代表から、試合からも遠ざかっていた稲本。
痩せたね(笑)
でもあのシュート、足腰の粘りは並みの日本人にはないもの。
ああ、長谷部に稲本の攻撃センスがあればなぁ…。

途中で引っ込んだ俊輔は何を思って試合を観ていたんだろう。
怪我が響いたのか、相手を怖がっているプレーが多かったし、
シーズンがまだ始まっていないから他の日本人選手とコンディション
の差があるのは仕方ない。でも言うこと言うならやってほしい。
飢餓感が足りない、いまの俊輔には。
チームを作り上げるとかは監督が考えること。
自分がこの試合に勝ちたい、点を取りたいと、他の選手よりも強く
思っていただろうか。そうは思えないプレーだったと思う。
日本人のなかでは試合を作ることが一番上手い選手だから、
本田に代えろとは思わないけれど、このままだとスクランブル時に
引っ込められてしまう選手になるよ。いいのかそれで。

と、まあ、勝ったからこそいろんなことも考えられるんだけれど、
前半はもう、ひどいもんだった。
日本のサッカー、このままでいいんだろうか、なんて考えて。
ボール取りに行っても取れないし、一発でやられるしで。
みんな疲れてるんだろうけれど、ガーナも決して本気じゃなかったし。
それであのまま負けて帰ってきたら、それこそ代表総入れ替えも、
なんて考えてたさ。
ところが、まるで捨て鉢になったように我の強い選手を放り込んだら
形はめちゃめちゃだったけど結果は残せたんだから、面白いもんだ。
これで1試合通すのは無理だけどね。それができたのは収獲。

ああ、でもこれで土曜日の憲剛は使えないなぁ…。
本人出るって言うだろうけど、かなり走ってたからねぇ。
せめて日曜日であればよかったんだけど。
代わりの選手か、出たとしたら周りがよっぽど頑張らないと厳しいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/07

横浜Fマリノス×川崎フロンターレ

疲れた…。

どんなに有利な状況であっても、
ファイナルに行く権利を勝ち取る試合ってのは厳しいもの、
ということを改めて実感させられましたわ。

もう試合内容云々じゃないよね。結果だけがすべて。
でもこのチームで、苦しい試合を乗り切ることができた。
決勝進出を決めたということと同時に、大きな経験を得られた
だろうし、それをまたリーグ戦とかACLに生かさなきゃね。

決勝は東京戦か…。
同一チームに1年3勝は厳しいけれど、いい試合になるだろうね。
2年前に芯を抜いてくるくる巻いた青いテープがようやく…。
投げられることになったら、
みんな投げるテープがくるくるなんだろうな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/06

オランダ×日本

オランダの決定力に改めて驚かされた。
得点が入ったシーンはほぼGKノーチャンス。
最後の詰めが甘くなった時間帯とはいえ、
少しのズレもなくそれもすごいスピードで放つシュート。
日本人はドフリーでもあのシュートはなかなか打てません。

GK正面とか2階建てのゴール狙ったようなシュートは
ほとんどなかったもんな。
決められるときに確実に決める、お手本のようなシュート。
すごいとわかっていても、やはり自国の選手を相手に
して試合を観ると、そのすごさがより鮮明に伝わってくる。
久しぶりに世界のトップレベルを体感させてくれた。
日本はまだまだ本戦までにやらなきゃいけないことがある。

それにしても、後半30分くらいからの中盤の弱りっぷりは
目を覆いたくなるようなものだった。
アウェーで、いつもよりプレッシャーが強い相手で、そして
大雨が降ったり強い日光があたったりして大変だったろう。
弱るのも無理はない。
W杯のときみたいに長期の時差調整とかもやってないし。

でも、そしたらどうして稲本や今野、阿部、駒野を使わなかったのか。
先発メンバーで、極限までこの強い相手を味あわせたいという
気持ちはわからんでもない。それが狙いだったんだろう。
(固まってた、という経験値の低い監督ではないはず…)
オランダでやってる本田を使ってみたいというのはわかる。
1点取られて前に興梠を入れたのはわかる。
本戦でももう1枚は代えられるんだ。この試合ではあと4枚もあるんだ。
控えの選手にオランダを体験させてやるのも大事じゃなかったのか。

試合後のインタビューはこんな誰でもわかりそうなことを聞かないからつまらん。
まあ記者会見ではこの点に言及する記者もいるだろうから、明日のニュース
で知れることだろうけど。。。
その場で咄嗟に言うことと、頭整理してから言うことは違うんだって…。

前半は非常にうまくいっていたからよけいに残念だ。
実力差があるチームと対戦するときは後半30分から差が顕著に出るけれど、
それでもなんとかやりようがあるはずだ。
選手だけでなんとかしようと、できると、してくれと監督は期待していたの
かもしれないけれど…。
その点、後ろから修正できなかった永嗣はちょっと反省だな。
やろうとしたけれどできなかった、というふうには見えなかったから。
みんなに意思統一をさせなきゃいけないから。
言うこと聞かなかったのかもしれないけれど。

代表GKって大変だ。我の強い10人をコントロールしなきゃいかんし。
でも、彼のことだから、完敗からも何かをつかみ取っていることでしょう。
監督、こんな試合の次にGK代えたらいけませんぜ。
せっかく痛みを伴って得た経験が生かされなくなる。

あ、憲剛は楽しんでサッカーしていたかな…?。
絶妙ターンを2回ほど見せてくれたけど、なかなか壁に穴は開かなかったね。
テレビに映っていない部分、オランダの選手の守備意識はすごく
高かったんだろう。
それでも連携で崩せる場面を作り出せなかったのは残念だ。

さあ、明日は横浜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月13日 - 2009年9月19日 »