« 日本×韓国、キリンチャレンジカップ | トップページ | 日本×コートジボワール »

2010/05/31

日本×イングランド

試合結果。

日本   1 - 2  イングランド。
(田中1)        (OG2)

このニュースが世界に配信されたら、
もちろんイングランドの試合だから流れるわけだけど、
きっと世界は驚くに違いない。
たとえW杯前のテストマッチであっても、だ。
きっとイギリスのタブロイドは格好のネタとして取り扱い、
W杯登録選手としてOGが決定、とか書くはずだ。

ある意味、岡田監督が言う「世界を驚かす」サッカーはできた。
強豪相手にしっかりとラインを作って守りを固め、
ブロックを形成してシュートコースを消す戦術。
おそらく監督や選手はこれだけの守備戦術を良しとせず、
もっと攻められたと反省するだろうけれど、
イングランドの選手を本気にさせ、なおかつ完璧な崩しを
封じ込めたことは、自信になるに違いない。

しかし、去年のオランダ戦と同様に後半の20分過ぎに連続失点。
OGではあるけれど、GKとDFの間を狙って強いボールを入れるのは
雨でスリッピーな状況ではよくやる戦術ではあるので、入れさせて
しまったことが悔やまれるところ。
終盤に入ってのサイドの守備に課題が残った。
真ん中ではじき返せる力があればいいけれど、どうしても後ろ向きの
守備だと苦しくなる。OGのボールも欧州のDFならはじき出していた
はずだから。。

日本のフォーメーションは4-1-4-1。
DF4人の前に阿部がアンカーとして入り、長谷部と遠藤が中央、
両サイドに大久保と本田、ワントップが岡崎。
守備重視のこの布陣は、強豪国相手でしかできないこと。
日本でやるテストマッチでこんな弱気な戦い方はできないし、
ましてや先日の韓国戦では意地でもやりたくない陣形。

でもこれが機能して、イングランドにほとんど攻撃の形を作らせ
なかったのは大きな収穫。
そこから攻撃にどうつなげて行くのかはこれから仕上げていか
ないといけないが、W杯本戦のイメージでは立ち上がりから30分くらい
までのシミュレーションは出来たのではなかろうか。
相手はカメルーンだろうがオランダだろうがデンマークでも同じこと。
どこも日本より強いんだから、最初からプレスかけて外されて失点、
というのは絶対に避けなくてはいけないことだから、ここは重要。

日本のフィジカルの状態がどれくらいだったのかわからないけれど、
体力的に追いこんでいる時期ならば、今日後半半ばまで持った体力は
あと十数日でもっと上がるはず。
イングランドと違ってピーキングが早いからね、日本は。

個人的には阿部がやはり本職のポジションで光っていたこと。
そして大久保が狂犬ぶりを取り戻してきたことが嬉しい。
神戸では別にどうでもいいけど、代表では大久保は積極果敢に闘って
ほしいからね。代表入りに向けてあれこれ悩んでチームプレーしなきゃ
とか変なこと考える必要がなくなったのがよかったのかな。

そして川島ですよ!
どういう経緯で先発となったかは知らないけれど、本人にとってはこれが
W杯の舞台に立てるかどうか、最後のアピールチャンスだったからね。
それをモノにした勝負強さはすごいとしか言いようがない。
できれば2失点目のOGは止めて欲しかったけれど、その他はノーミスで
完璧な出来だった。
何と言ってもイングランドで一番PKが上手いランパードのPKを止めた!
これがこの試合のハイライトと言ってもいいよね。
ランパードはニアに強いボールを蹴るということを川島は知っていたのか?
いつもよりコースは少し甘かったけれど、完璧なセーブ。
いやいや、痺れた。
日本一美しい飛翔も見られたし、大満足でした。
果たして、次のテストマッチは?そして本戦は?GKはどっちだよ、岡ちゃん。

攻撃に関しては玉田が完調ならば、岡崎のところを玉田にして、
大久保が疲れたら憲剛入れて、または本田が機能しなかったら憲剛を入れて、
さらに行くなら阿部を外して森本を入れて、というのはいかがですかね?
遠藤に復調の兆しがみえてきたのも収穫。
惜しいのはサイドバック本職の内田や駒野は何をしているんだということ。
今野もいいけど、守備できてこそのサイドバックなんだから、もっとアピール
しないといかんよ。特に内田はどうしちまったんだ?

とまあ、好きなことを書きならべてみましたが、
チーム全体に闘うぞという気概がみえたのが一番嬉しく、頼もしい。
韓国戦の後、スイスに移動しキャンプを張るまで、かなり落ち込んで、
でも奮起して、気持ちを上げられたのか。。
でもまだまだ出来るはず。

2002年のロシア戦をテレビでなんとなく見ていて、
途中交代で入った中山がもう気迫ちゅうか意地っちゅうか、リードしている
ところで相手を追い回すわけですよ。とことん。
抜かれると思ったら相手の足にすがり付いてでも突破を止める。
隆之も同じように試合の最初から闘っていた。
他の選手も、みんな闘っていた。それでやっと勝てるのがW杯ですよ。
そして2002年はホームだったんです。
遠い南アフリカの地で、W杯で勝ち点3を上げようと思ったら、
並大抵の試合では無理なんですよ。
そんな勝負、やってくれると信じています。

|

« 日本×韓国、キリンチャレンジカップ | トップページ | 日本×コートジボワール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/48502394

この記事へのトラックバック一覧です: 日本×イングランド:

« 日本×韓国、キリンチャレンジカップ | トップページ | 日本×コートジボワール »