« 2010ワールドカップ5日目 | トップページ | 2010ワールドカップ7日目 »

2010/06/26

2010ワールドカップ6日目

正直、もう忘れかけてるけれど、6日目。
3試合目からグループリーグは2巡目に。

ホンジュラス×チリ

元アルゼンチン代表監督の名将ビエルサが率いるチリ。
南米の強豪でありながら3大会ぶりの本戦出場。
今回南米予選ではブラジルに次ぐ2位と、注目されるチームのひとつ。

対するホンジュラスは28年ぶりの出場。
北中米・カリブ地区の第3代表は近年、ジャマイカやコスタリカが本戦に
出場していたけれど、常連のアメリカとメキシコに続いた。

試合は圧倒的にチリのペース。
ホンジュラスは守勢一方の展開。
とはいえ生まれたゴールはチリのボセジュールのひとつのみ。
ワールドカップではそんなに簡単にゴールは生まれない。

スペイン×スイス

最後に登場するのは本命スペイン。
2年前の欧州選手権を制した勢いで初優勝を狙う。
対するスイスは欧州の中堅国で守備が売り物のチーム。
組み合わせに恵まれたヨーロッパ予選は1位通過。

しかししかし、スイスが粘りを発揮する。
スペインは圧倒的にボールを支配し、何度もチャンスをつくり出すが
ゴールは奪えない。でもどこかに余裕(油断)があったようだ。
それは後半開始して間もなくのスイスのラッキーゴールで鮮明になる。
ますます守備を固めるスイス。こじ開けようとするスペイン。
しかしその扉は開くことはなく、試合終了の笛を聞く。

少し、マイアミの奇跡を思い出した。

無敵艦隊と称されるスペインは、本大会ではいつも予想を裏切る。
さて、欧州選手権を制して少しは現実的に勝つことの重みを
得たスペインはどうなるのだろうかね。
サッカーの楽しさと現実をミックスしたものをみせてくれるのだろうか。

南アフリカ×ウルグアイ

これまで開催国は必ず決勝トーナメントに進出している。
南アフリカにもその重責がかかっているのだけれど、無理、という見方が
やはり多かった。でも第1戦を終えてグループの勝ち点がすべて1。
フランスがあまりにもひどい状態なので、これは天の恵みか、と。
ひょっとしたら決勝トーナメントの芽があるんじゃないか、と。

しかしそれを打ち砕いたのはウルグアイ。
前半20分過ぎにエースアタッカーのフォルランがゴール。
まあここまでは仕方ないとしても、後半ここまで好セーブをみせてきた
南アフリカのGKが一発レッドで退場、PKを与える。
難なくPKをフォルランが決め2点差。
ロスタイムには決定的な3点目を決められ、南アは完敗。

南アフリカとしては3戦目にフランス戦を控えているので、
初戦のメキシコ、2戦目のウルグアイどちらかには勝っておきたかった。
しかし1分1敗と厳しい状況。そして次戦は活躍していたGKが出場停止。
かなり、厳しい状況となった。

|

« 2010ワールドカップ5日目 | トップページ | 2010ワールドカップ7日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/48699426

この記事へのトラックバック一覧です: 2010ワールドカップ6日目:

« 2010ワールドカップ5日目 | トップページ | 2010ワールドカップ7日目 »