« ワールドカップ開幕前夜 | トップページ | 2010ワールドカップ2日目 »

2010/06/12

2010ワールドカップ1日目

いよいよ始まった2010ワールドカップ南アフリカ大会。
オープニングマッチは南アフリカ×メキシコ。

実力的にはメキシコが優位だけど、何が起こるかわからないのがサッカー。
メキシコがボールを支配するも攻めあぐねている間に南アフリカが先制。

先制点が入ったときのスタジアムの盛り上がりはすごかった。
ブブゼラが鳴り響いてうるさいスタジアムだったけれど、
この時ばかりは8万4千人の歓声が響き渡った。歓喜の渦。
ホームチームの開幕戦にはやっぱり何かあるんだ。
これまでほとんど負けたことはないんじゃないかな。

でもメキシコもさすが。きっちり最後には追い付いて試合終了。
ホーム、開幕戦、嫌な雰囲気でも押し返す力があるんだよね。
ブランコ健在。途中出場してからチームの動きががらりと変わった。
こんな武器や最後まで戦い続けるメンタリティを持ったチームは強い。

負けちゃいけない開催国。負けるわけにはいかないメキシコ。
引き分けは共に、いい結果だったんじゃないかな。

2試合目のウルグアイ×フランス。
ウルグアイの戦術にハマってしまったフランスはイライラを募らせる。
リベリーは完全に封じられ、イエローカードをもらう。

それでも力づくで攻めるフランス。
選手交代は決して強気ではなかった(ドメネクは攻めているようで
攻めていない!)けれど、攻勢を強めていったところ、
途中交代で入ったウルグアイのロデイロが2枚めのイエローで退場。

試合が壊れそうになったけれど、ウルグアイは踏ん張る。
攻めきれないフランス。そのままタイムアップ。

1試合目とは違い、こちらは双方共に痛い引き分け。
今日のフランスならばウルグアイは勝ちたかっただろうし、
フランスは数的優位を生かせなかった。

2試合の結果、無理だと思っていた南アフリカのグループリーグ
突破あるかもね、なんて考える。
2位狙いって厳しいけれど、最後まで順位がわからない状態で
3戦目を迎えることができれば、ホームの利もあり可能性は大いにある。

ああ、でも密かにファイナリスト候補と思っていたフランス。
やっぱ監督があれじゃ、ダメかなぁ。。。

|

« ワールドカップ開幕前夜 | トップページ | 2010ワールドカップ2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/48606332

この記事へのトラックバック一覧です: 2010ワールドカップ1日目:

« ワールドカップ開幕前夜 | トップページ | 2010ワールドカップ2日目 »