« 2010ワールドカップ1日目 | トップページ | 2010ワールドカップ3日目 »

2010/06/13

2010ワールドカップ2日目

今日から1日3試合。ワールドカップの本番スタート。

韓国×ギリシャ。

ギリシャはどうもワールドカップになると分が悪い。
前々回ユーロでの快進撃の貯金でまだ食ってる感じがするし、
欧州予選も割と楽なグループ、プレーオフだった。
なんせまだ2度目の本戦出場で、1点も取ってない。
それを考えると、韓国は格上。
おまけにパクチソンといういまやアジアの勇となった男がいる。

試合はまさに、韓国の圧勝。
2点しか入っていないけれど、ワールドカップ本戦というのは
そんなに点の入るゲームはないのだ。
試合がうまく行かないと集中力も切れてしまうギリシャ。
最後までハードワークを欠かさない韓国。
差は歴然。実力通りの結果。

それにしてもパクチソン。
埼スタでも感じたけれど、見かけはあれだけど、オーラを
まとって試合してるような気がするね。すごいわ。

アルゼンチン×ナイジェリア。

民放の放送がメッシメッシうるさいので、CS観戦。
HDに切り替えてないから画質は悪いんだけど、我慢ならんかった。
まあ民放だから仕方ないんだけど、あれじゃいつまでたっても
本当のサッカーの楽しさは伝わらないんだよー。
11人でやるもんなんだからさ。

でも国際画像の方もマラドーナ寄りで笑っちゃったけど。
よく、ボールは気持ちの強い方に転がる、って言うけれど、
何度も何度もマラドーナの前にボールが転がった。
楽しそうにボールを返す、スーツに身を包んだマラドーナ。
一番気持ちが強かったのかもしれないね~

試合の方は、アルゼンチンが圧倒したけれど、やっぱりメッシは
代表の戦い方にはまだフィットしておらず、決め切れず。
それよりも、ともすれば崩れてしまいそうな状況で、しっかりと
踏ん張ったナイジェリアのメンタリティが称賛されるべき。
アフリカ大陸でやってる大会なんだな。気持ちの持ちようが強い。

イングランド×アメリカ。

ポロリもあったけど、熱のこもった濃密ないい試合だった。
当たり前だけどイングランドにはプレミアリーグの選手ばっかりで、
アメリカもがっちり対応した戦術で挑んだから、まるでプレミアの
ガンガン激しい試合を見ているようだった。

共に引き分けでオッケーだったのかな。
終盤にはリスクを取らずに前後分断サッカー。
それもプレミアらしいと言える理由なんだけど。

それにしてもカペッロの采配は血も涙もない。
前半のうちに緩慢なプレーが多かったミルナーをスパッと交代。
スピードについて行けないと感じたキングも後半から下げる。
代わったキャラガーもスピードには対応できてなかったけれど…。
こうやって厳しい姿勢を示すことで、規律を維持するんだな、彼は。

それにしてもファーディナンドの離脱は痛い。
テリーはいいとしても、もし累積で抜ける試合があったらどうするのか?
今日の試合でキングもキャラガーも不安が残る出来だったしね。


と、今日は3試合を堪能。
ワールドカップは楽しいなー。

|

« 2010ワールドカップ1日目 | トップページ | 2010ワールドカップ3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/48614667

この記事へのトラックバック一覧です: 2010ワールドカップ2日目:

« 2010ワールドカップ1日目 | トップページ | 2010ワールドカップ3日目 »