« 2010年6月6日 - 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月20日 - 2010年6月26日 »

2010/06/18

日本×カメルーン

日本×カメルーン

どうしてこのガラガラのスタジアムに自分がいないんだろう。
やっぱり行けばよかったかな、と考えながら観戦。
ゲン担ぎに勝つカレーを食い、万全の態勢でテレビの前に。
この試合ばかりは、ツイッターもしないで集中、集中。
おそらく日本でテレビを観ているサポーターもみな集中。

その思いが伝わったのか、日本の立ち上がりは集中していた。
特に両サイドの大久保、松井の運動量が多く、自分たちの
ボールを運ぶ以外に、カメルーンの攻撃に蓋をする役目を
存分に果たしていた。

特に大久保。おそらく最初から、途中で潰れてもいいと考えて
飛ばして行ったんだろう。これまで観た中で最高だった。
こんな大久保を長年待った甲斐があったってもんだ。
松井も存分にその強さ、しなやかさをみせてくれたし。
この2人がずっと踏ん張ったおかげで、本田が自由に動けた。
この布陣はワントップではなく、ノートップだと思う。
ローマがチームトッティを確立させるためにやった戦術。
日本にはトッティはいないけれど、効果的な闘い方だ。

もうひとつ大きかったのは中澤の復調。
どうも今年はJリーグでも代表戦でも緩い守備が目立っていた
けれど、ここにきてかなり仕上がってきた。
まるでこの日を目標にしていたかのように、だ。
ドイツの過ちは繰り返すまい、という強い意志も感じられる。

本田の先制点。ま、彼は持っているから、当然の結果。
あれは入れてくれなきゃ困る。そのための布陣なんだから。

そしてマスコミでは川島が大絶賛されているけれど、
いつも見ている立場からすれば、明らかに入れ込みすぎ。
次のオランダ戦では、本来の姿を見せてくれるでしょう。
日本一美しい飛翔を、世界にお披露目するのは次だ。

日本が上げたこの1勝。
海外で行われたW杯で初めての勝利。
この試合を、カメルーンが悪かったからだと言う人もいるだろう。
でもどのチームも日本より格上なのだ。
こちらが100%で立ち向かっていって、ようやく試合の形に
なるくらい、個々の選手の実力差は大きい。
その差を埋めるべく、万全の態勢で挑んだ日本の勝利。
強国カメルーンは100%でなかったから勝てた。
その通り。

でも日本はこの1勝で得た自信と経験を、次の試合に生かせる。
そしてまた、成長していくのだ。
4年前のオーストラリア戦で止まってしまった時計を、
ようやく動かすことに成功した。

嬉しかった。ありがとう、日本代表。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010ワールドカップ4日目

いよいよ日本が登場する4日目。
日本戦は別のエントリーで。

オランダ×デンマーク

オランダ強いね、というイメージしか残っていない。
OGで失点したデンマークだけど、チャンスらしいチャンスは作れず。
カウンターで得点を狙うものの、及び腰な攻撃ではどうもならず。
オランダも初戦の固さ、慎重さがあったけれど、
盤石の試合運びで勝ち点3を取った。

と、書いてはいるけれど、日本戦を控えてそわそわしていて、
実際に試合のことはよく覚えてないのだ。。。

イタリア×パラグアイ

イタリアはいつも、グループリーグは苦戦する。
そして苦戦した方が、最終的にはいい結果を残す不思議なチーム。
この試合もその通り、イタリアらしい展開となった。

ワンチャンスで先制点を奪われながらも、ボールは支配し、
セットプレーから同点に追いつく。
イタリアもパラグアイも、まあ初戦勝ち点1でOKか、という試合。

ただ心配なのは、イタリアGKブッフォンが負傷交代となったこと。
このイタリアの精神的支柱が離脱することになれば、
イタリアの行方を大きく左右するかもしれない。
まあ、イングランドよりはぜんぜん優秀な控えGKがいるわけだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010ワールドカップ3日目

しばらく仕事が詰まっていたいので書けなかった。
1日3試合みて仕事もしたら、あと何もできない。。。

この日も3試合テレビ観戦。
NHKと民放とスカパーと行ったり来たり。
他のテレビ番組はほとんどみていません。

アルジェリア×スロベニア

アルジェリアはアフリカ代表ではあるけれど、地勢的に
欧州に近いことがあるせいか、いわゆるアフリカンサッカーではない。
しっかりと組織だったサッカーが持ち味。
対するスロベニアは、旧ユーゴ諸国のひとつ。
堅くてかしこいサッカーをする。スロベニアとしては初出場だっけか。

そんな対戦だから、試合展開は地味になる。
玄人好みの試合ってやつか。何が玄人かはよく知らないけれど。
しかしながら予期しないレッドカードで一気に乱れた試合に。
途中出場で入ったアルジェリアのゲザルがしょうもない黄色2枚。
数的優位に立ったスロベニアが攻勢に出て先取点。
試合はそのまま終わる。

セルビア×ガーナ

セルビアは僕の贔屓チームのひとつ。
ドイツでセルビア人とたくさん話したし(当時はセルビア・モンテネグロ)、
その美しい負けっぷりがいい。。。
最後まで諦めることなく、闘う姿勢が心を打つのだ。

この試合も後半のレッドカードが試合の行方を左右する。
後半30分くらいでセルビアのルコビッチが2枚目の黄色で退場し、
ガーナの攻勢一方となる。
耐えきれずセルビアはPK献上。きっちり決めてガーナ決勝点を得る。
セルビアの負けっぷりは好きだが、そろそろ勝ちがみたいぜ!

ドイツ×オーストラリア

この試合、オーストラリアが何をしたいのかよくわからなかった。
耐えて耐えてカウンターを狙うのか、最初から玉砕覚悟で攻めて
いくのか、画面からはその意思が伝わってこなかった。

すると若いドイツチームは試合を圧倒的に支配。
前半に2点を奪い、オーストラリアに退場者が出た後半にも2点。
容赦ない試合の進めっぷりで4-0の圧勝。

ドイツのコンディションがよかったのは確かだけど、
この日のオーストラリアじゃちょっと参考にならない。
だから次の試合みないとわからないけれど、今大会のドイツはいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/13

2010ワールドカップ2日目

今日から1日3試合。ワールドカップの本番スタート。

韓国×ギリシャ。

ギリシャはどうもワールドカップになると分が悪い。
前々回ユーロでの快進撃の貯金でまだ食ってる感じがするし、
欧州予選も割と楽なグループ、プレーオフだった。
なんせまだ2度目の本戦出場で、1点も取ってない。
それを考えると、韓国は格上。
おまけにパクチソンといういまやアジアの勇となった男がいる。

試合はまさに、韓国の圧勝。
2点しか入っていないけれど、ワールドカップ本戦というのは
そんなに点の入るゲームはないのだ。
試合がうまく行かないと集中力も切れてしまうギリシャ。
最後までハードワークを欠かさない韓国。
差は歴然。実力通りの結果。

それにしてもパクチソン。
埼スタでも感じたけれど、見かけはあれだけど、オーラを
まとって試合してるような気がするね。すごいわ。

アルゼンチン×ナイジェリア。

民放の放送がメッシメッシうるさいので、CS観戦。
HDに切り替えてないから画質は悪いんだけど、我慢ならんかった。
まあ民放だから仕方ないんだけど、あれじゃいつまでたっても
本当のサッカーの楽しさは伝わらないんだよー。
11人でやるもんなんだからさ。

でも国際画像の方もマラドーナ寄りで笑っちゃったけど。
よく、ボールは気持ちの強い方に転がる、って言うけれど、
何度も何度もマラドーナの前にボールが転がった。
楽しそうにボールを返す、スーツに身を包んだマラドーナ。
一番気持ちが強かったのかもしれないね~

試合の方は、アルゼンチンが圧倒したけれど、やっぱりメッシは
代表の戦い方にはまだフィットしておらず、決め切れず。
それよりも、ともすれば崩れてしまいそうな状況で、しっかりと
踏ん張ったナイジェリアのメンタリティが称賛されるべき。
アフリカ大陸でやってる大会なんだな。気持ちの持ちようが強い。

イングランド×アメリカ。

ポロリもあったけど、熱のこもった濃密ないい試合だった。
当たり前だけどイングランドにはプレミアリーグの選手ばっかりで、
アメリカもがっちり対応した戦術で挑んだから、まるでプレミアの
ガンガン激しい試合を見ているようだった。

共に引き分けでオッケーだったのかな。
終盤にはリスクを取らずに前後分断サッカー。
それもプレミアらしいと言える理由なんだけど。

それにしてもカペッロの采配は血も涙もない。
前半のうちに緩慢なプレーが多かったミルナーをスパッと交代。
スピードについて行けないと感じたキングも後半から下げる。
代わったキャラガーもスピードには対応できてなかったけれど…。
こうやって厳しい姿勢を示すことで、規律を維持するんだな、彼は。

それにしてもファーディナンドの離脱は痛い。
テリーはいいとしても、もし累積で抜ける試合があったらどうするのか?
今日の試合でキングもキャラガーも不安が残る出来だったしね。


と、今日は3試合を堪能。
ワールドカップは楽しいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月6日 - 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月20日 - 2010年6月26日 »