« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »

2010/07/10

2010ワールドカップ12日目

グループリーグの最終戦は、各グループの試合が同時刻開催。
どちらかしかみれないわけなので、ザッピングザッピング。

グループA
メキシコ×ウルグアイ
フランス×南アフリカ

メキシコとウルグアイは、この試合引き分ければもう一方の試合結果に
関係なく決勝トーナメント進出。
フランスと南アフリカは、メキシコかウルグアイのどちらかが負けて、
なおかつ得失点差で上回らなきゃいけないという厳しい状況。

当然、メキシコとウルグアイは大敗しなきゃいいという前提で試合を
進めて、他方の状況をみていればいいわけだから、試合は動かないだろう。
と思いきや、ウルグアイのスアレスが前半終了間際に得点!
さすが空気が読めない南米のストライカーだ(笑)

おまけにフランスは1人退場してるだと?ひょっとして南アフリカの奇跡は
あるのか?なんて後半はフランス×南アフリカに集中してみる。
4点とか5点とか取ればわかんねぇぞ、みたいな状態でわくわく。
でもやっぱり、いくら手負いのフランス、チーム内部がガタガタなレ・ブルー
でも、目の前の相手にはそうそう負けていられない、個々の意地がある。

結局は南アフリカ1点差の勝ち。グループで勝ち点4はそんな悪くはない
けれど、開催国として初めてトーナメント進出を逃す結果となった。
でも試合はいずれも熱かった。ホームの利、というのは間違いなくある。
サッカーってそんな競技だなと改めて実感。
フランスはもう、なんかひどい状態でワールドカップを去ることに。
ジダンがいた98年と06年は優勝と準優勝。いない02年と10年は
クループリーグ敗退と、個々には非常にクオリティの高い選手を揃えて
いるのに(いるからこそ?)、絶対的な司令塔がいないと機能しない。
残念でならない。

グループB
ナイジェリア×韓国
ギリシャ×アルゼンチン

アルゼンチンのイチ抜けは固かったものの、2位抜けが韓国かギリシャか
最後までもつれたグループ。

まあでも、手を抜けない(国民が許さない)アルゼンチンと、今大会の
ギリシャとでは最初から勝負にならないと思っていたし、
韓国もアルゼンチンに大敗して余計に気が引き締まっただろうし、
韓国の2位抜けになるだろうな、と試合前は思ってた。

でもその楽観視を覆したのはナイジェリアの頑張り。
今大会はアフリカ勢優位かと思いきやイマイチ活躍を見せてこなかった
アフリカ諸国は、3戦目にしてようやく本来の力を出してきた(遅いけど)。
ナイジェリア×韓国はシーソーゲームとなり、最後まで気が抜けない展開。
それでも最低限の勝ち点1を拾った韓国がトーナメント進出を決めた。

韓国とかオーストラリアとか応援はしないけれど(同じアジア勢の活躍を、
なんて広い心にはどうしてもなれない。。。)、アジアのワールドカップ
出場枠キープのためには、韓国のトーナメント進出は、とりあえず好感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010ワールドカップ11日目

早く書かなきゃワールドカップが終わっちゃう。。。

夏バテたのか、まともに寝ていない影響なのか、
たぶん両方のせいなんだろうけれど、体調が優れない。
でもなんか、ワールドカップだからこそ、の疲れは心地よい。

ポルトガル×北朝鮮

初戦をコートジボワールと引き分け、グループリーグ突破には
勝つしかないポルトガル。
初戦はブラジル相手に敗退したものの、1点差負けと善戦した北朝鮮。
北朝鮮は、勝ち気まんまんのポルトガルの姿勢をうまく利用すれば
勝てないまでも、相手を慌てさせることができたろうに。。。

そこまでの戦術をワールドカップの舞台でできるほど、北朝鮮は国際
経験を積んではいなかった(まあ、アジアでも、だけど)。
ブラジル戦で結果的に闘えた(ブラジルが全力の半分だったとしても)
ので自信が湧いたのか、北朝鮮は対等な相手と対峙するような
形で試合開始を迎える(もちろん相手が格上とわかっていただろうけど)。

おまけに前半はそこそこ善戦し、1失点に抑えられていたものだから、
色気を出したのだろうか、後半は真っ向勝負に出た北朝鮮。
それはカウンターを食らって失点、また失点。心が折れる7失点。
コートジボワールと勝ち点で並ぶ可能性が大きかっただけに、
最後まで手を抜かない(遊ばない)で点を取りに行くポルトガル。
北朝鮮に抗する力は残っていなかった。

チリ×スイス

スイスは非常に守備が堅い国。前回ドイツ大会では無失点無敗
ながらもトーナメント初戦でPK負けと珍しい記録も残している。
そして今大会初戦は粘りに粘ってスペインを撃破。また無失点。
どこまで続くか無失点記録、というところだったけれど、
前半30分に大きな落とし穴。中盤の要であったベーラミが一発退場。

イタリアが持っていた記録(550分)を更新する後半30分までは
それでも全員守備で耐えたけれど、559分ぶりの失点を喫する。
やっぱりサッカーの神様は、守ってるだけじゃダメだよ君たち、
という啓示を与えたのだろうか。
それでも1失点だけで済ませたのは立派だけれど、初戦の大金星の
意味がなくなってしまうような、疲れだけが残る敗戦となった。

スペイン×ホンジュラス

初戦、まさかの敗戦を喫したスペイン。
いつも無敵艦隊と言われながら、大切な試合に勝てないスペイン。
でも早めの敗戦でかえって気が楽になったのか、前半のうちに
ビジャがゴールを上げ、あとは流してるのかと思う様な試合。
スペインとホンジュラスの実力差は大きく、その差そのままの結果。

それよりも、この試合の主審ニシムラに日本人の注目は集まった。
Jリーグで頼りないジャッジをしている彼が、ワールドカップでどうなのか。
結果、無難に試合をコントロールして好評を得ることになる。

なんだよ、やればできるんじゃないか。
Jリーグで手を抜いていたとは言わないが、なんか腹が立つ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »