« 高校サッカー選手権、決勝 | トップページ | アジアカップ2011 日本×サウジアラビア »

2011/01/14

アジアカップ2011 日本×シリア

いやいや、厳しい試合。

初戦、サウジに勝ってアジアを驚かせ、勢いそのままに
日本戦に挑んできたシリアは、序盤は互角の戦いを見せる。
しかし日本の波状攻撃に失点を喫し、次第に弱気な顔が。
ここで日本がもう1点決めていれば、試合はもう終わっていた。

後半に入り、再度ネジを巻き直し勢いづくシリア。
そこで想定外の事態が起きた。
日本のバックパスの連携ミスからクリアが小さくなり、ボールが
シリア選手の前に飛び、跳ねかえってボールはゴール方向へ。
オフサイドポジションにいたシリアの別の選手と日本GK川島が
競り合い、もつれあって倒れる。

副審は、ボールを前に送った(跳ね返した)のはシリアの選手
だとオフサイドの旗を上げた。
しかし主審は、少し後で競りにいった日本の選手に当たったと
判断したのか、オンサイドと判断。
この場面は寄った画像がないから判断がつかないけれど、
僕の目にはオフサイドと見えた。
試合後にリプレイ何度みてみてもこの判断はわからない。

主審は副審の判定にオーバーコールして、PKを与える。
そして川島にはレッドカード。
これを中東の笛と捉えるのか、アジアカップの笛とみるのか、
イラン人の審判団に訊いてみないとわからない。
いや、訊いてもわからない。これがアジアカップの舞台なんだ。
きっと。

(続き)に続く

しかし、だ。
PKを決められ、追い付かれた後の日本の選手の動きが素晴らしい。
後半に入ってちょっと眠っていたように感じられたけれど、まるで
選手が入れ替わったかのように運動量が急に増えた。
10人対11人だから、必然的に余計に動かなきゃいけない場面では
あるけれど、プレーに鋭さが増し、必死さが見て取れるようになった。
怪我の功名か。

そして日本は守ってカウンター。これしかない。
これしかないことが、前線への早いボール展開を生み、途中出場の
岡崎に渡ったボールを、DFに寄せられながらも諦めずにキープした
ところで倒され、逆にPKを得る。
本田のPKはど真ん中でちょっとハッとさせられたけれど、2点目。
シリアを突き放すことに成功した。
時間は82分。

数的優位で勝てるかもしれないと思っていたシリアは焦る。
拙い、本当に拙かったけれど、少ない人数でシリアの再攻撃を凌ぐ日本。
試合はまったく噛み合いもしない、荒れた状況となった。
90分。判定に怒ったシリアの選手が2枚目のイエローをもらって退場。
10対10となった試合は、そのまま長いロスタイムを消化し、終了。

気持ちで勝った試合。
こういう試合をモノにしていくと、チームは強くなる。
ドイツのチームがベースになっているとはいえ、中澤も闘莉王もいない。
精神的主柱を失ったチームが、こういう乱戦を制することができたのは大きい。

本田や長谷部が逞しくなり、チームの中心として君臨する。
遠藤や松井がリズムに変化を与える。
急遽センターバックを組んだ今野と吉田もだんだんよくなってきた。
両サイドバックはさらに安定感を増すはず。

後は、香川がもっともっと存在感を出すこと。
本田に食ってかかる(プレーでね)くらいの気持ちを表すことができれば。
そして前田が目覚めれば…。
トーナメントを勝ち抜いていけるだけの力が出せるはず。

いやー、でも、今日の試合は疲れた。。。

|

« 高校サッカー選手権、決勝 | トップページ | アジアカップ2011 日本×サウジアラビア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/50580328

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ2011 日本×シリア:

« 高校サッカー選手権、決勝 | トップページ | アジアカップ2011 日本×サウジアラビア »