« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »

2011/01/14

アジアカップ2011 日本×シリア

いやいや、厳しい試合。

初戦、サウジに勝ってアジアを驚かせ、勢いそのままに
日本戦に挑んできたシリアは、序盤は互角の戦いを見せる。
しかし日本の波状攻撃に失点を喫し、次第に弱気な顔が。
ここで日本がもう1点決めていれば、試合はもう終わっていた。

後半に入り、再度ネジを巻き直し勢いづくシリア。
そこで想定外の事態が起きた。
日本のバックパスの連携ミスからクリアが小さくなり、ボールが
シリア選手の前に飛び、跳ねかえってボールはゴール方向へ。
オフサイドポジションにいたシリアの別の選手と日本GK川島が
競り合い、もつれあって倒れる。

副審は、ボールを前に送った(跳ね返した)のはシリアの選手
だとオフサイドの旗を上げた。
しかし主審は、少し後で競りにいった日本の選手に当たったと
判断したのか、オンサイドと判断。
この場面は寄った画像がないから判断がつかないけれど、
僕の目にはオフサイドと見えた。
試合後にリプレイ何度みてみてもこの判断はわからない。

主審は副審の判定にオーバーコールして、PKを与える。
そして川島にはレッドカード。
これを中東の笛と捉えるのか、アジアカップの笛とみるのか、
イラン人の審判団に訊いてみないとわからない。
いや、訊いてもわからない。これがアジアカップの舞台なんだ。
きっと。

(続き)に続く

続きを読む "アジアカップ2011 日本×シリア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/11

高校サッカー選手権、決勝

高校サッカー選手権決勝、滝川第二×久御山。
年末からの風邪がどうも抜けきらないので、
寒風の国立に行くのは控えてぬくぬくとテレビ観戦。

面白い決勝戦だったね。
選手権の決勝は一方的なゲームかガチガチの試合となる
パターンが多い(選手権に限らず決勝はね)けれど、
お互いの持ち味を出し切った好試合。

個々の実力に勝る滝二が試合をコントロールしていたけれど、
点を取るしかない展開に追い込まれてから久御山が覚醒。
願わくば最初から久御山が行って、流経柏戦のような
試合運びができればよかったんだけど、さすがに滝二は
久御山のことをよく知っていたようだ。オトナの試合運び。

久御山も、相手が知らない部分を出せればと思って観ていたけど、
高校生にそれを望むのも酷かな。決勝という舞台だったし。

今回の選手権、この2校が決勝に残ったことに意味がある。
強豪と言われながらもこれまで優勝できなかった滝二。
それでも自分たちの校風を変えず、滝二はいつも滝二。
久御山も京都の代表になったりならなかったり、それでも
監督は長年、今のスタイルを維持し、高めてきたという。

高校サッカーは、(ほとんどの)選手には一生に一度の舞台。
でも学校にとっては、毎年毎年選手を入れ替えて挑戦できるところ。
ただ勝つためだけに有力選手を集める学校もあれば、うちの
サッカー部はこんなサッカーをするんだ、やりたいやつ来てくれと
理想を掲げて選手を募る学校もあるだろう。
または本当に地域の子どもたちだけで、何年かに一度好チームを
つくりあげる監督が出てきたり。。。
どれもこれも、1年ではなし得ないこと。
何年も何年も培ってきてようやく芽が出ること。
それを許す、高校サッカーであり続けてほしい。

(いつも読み返しとかしないでアップしてしまうので、誤字脱字
 や意味不明なところあったらすみません。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/10

アジアカップ2011 日本×ヨルダン

アジアカップをどうしてワールドカップの翌年に、
それも1月にやらないといけないのか。
なんて言ってても仕方ない。大事な大会が始まった。

新監督ザッケローニにしては初の公式戦。
去年のテストマッチは実質的には原さんが選んだメンバーで、
ドイツ大会のチームを下敷きにしたものだったので、
ぶっつけ本番と言ってもいい試合だった。

案の定、楽に勝たなきゃいけない相手、ヨルダンに苦戦。
終了直前にやっとのことで追い付いてドロー。

でもまあ、ただでさえ厳しい大会であるアジアカップで、
初めて本気の試合をするメンバーで、負けなくてよかったという印象。
この試合の経験を、次に活かせばいいのだ。
これから3日間、じっくりと連携を深め、話をし、監督はメンバーの
変更も含めて考えればいい。

いくら日本とヨルダンのサッカーの差があるとしても、
ぱっと組んでさっと勝てるような甘い競技じゃないよサッカーは。

深夜の試合、シリアがサウジアラビアに勝利。
こっちの方がアジア的にはびっくりな結果だと思う。
この4国がグループ通過をかけてあと2試合。
するっと何の問題もなく勝っちゃうより、苦しんだ方がいいじゃない。
ますます次のシリア戦が楽しみになってきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/09

高校サッカー選手権、準決勝

高校サッカー選手権準決勝。
流通経済大柏×久御山、立正大淞南×滝川第二。
テレビ観戦。行こうと思えば行けたんだけど。。。

なんかここ数年、選手権には歓迎されていない気がするのだ。
1回戦~3回戦くらいはいいんだけど、準決勝以降が行われる
国立にはあまり足が向かない。
きっかけは数年前に後援会枠のチケットがなくなってしまって、
せっかく国立まで行ったのに観戦できなかったってこと。
そのときは一般売りも売り切れで、特殊事情はわかる。
でもその翌年だったか、後援会枠のチケット配布が枚数制限に
なって、スタジアムがガラガラだったのに入れなかったこと。
早く行けばよかったのだし、普通に買えば入れるんだから
自業自得というか、自分がケチくさいだけ。
それはわかっているけれど、ねぇ。

とここまで書いていて、以前にも同じようなエントリーをした
記憶がよみがえってきた。嫌な思い出だ。

それはさておき、この準決勝の2試合、共に好試合だった。
優勝候補の流経柏に立ち向かう、己のサッカーを貫く久御山。
タレント揃いの滝二に真っ向勝負を挑む淞南。
見所の多いゲームだったけれど、共に90分で決着がつかずPK。
その結果、決勝戦は久御山×滝二となった。
関西勢同士の決勝戦は久しぶりだか初めてのこととか。
必ずしも実力通りの結果にはならないのがサッカーの面白いところ。

さて、僕は決勝の国立に足を運ぶのでしょうか?
ここ数年はテレビ観戦で済ませているんだけれど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »