« インカレ決勝 | トップページ | お休み »

2012/01/11

選手権決勝

前半開始1分の先制点。
後半ロスタイムの同点ゴール。

その間の90分は濃密なせめぎ合いが続いた。
これが、退屈な90分だったのか、それとも
極度の緊張状態が続いた90分だったのか。
それは延長後半が終わって笛が吹かれた瞬間、
勝った方も負けた方も、両チームの選手がバタバタと
ピッチに倒れ込んだことでわかることになる。

それにしても選手権に出てくる選手のレベルは上がった。
決勝を観にきたのは3年ぶりくらいだけれど、
止める蹴るの基本技術は大きく進歩している。
選手の意識が高まったのか、Jユースの影響なのか、
はたまた指導者が変貌を遂げたのかわからない。
けれど確かに、日本の高校生は上手くなっている。

地方大会とか選手権準決勝まではテレビでしか見て
いなかったから、全体的な底上げが行われているのか
どうかはわからないけれど…。

しかし個人的には、ちょっと寂しさを感じる。
高校サッカーでは、ひとりの絶対的エースがチームを牽引し、
強豪校を倒すのが好きだからだ。
今は、それだけじゃ上まで残ってこれないのかな。
でもそんな選手が、プロになって活躍している例は多い。
決勝戦は高度なゲームだったけれど、
僕がスカウトだったら、自分のチームにぜひ、と思う
選手がいなかった。それが残念だった。

試合は面白かったけれど、いい選手に巡り合えなかった。
選手個々のレベルは上がっているのに、なんかおかしい。
そんな決勝戦だった。

|

« インカレ決勝 | トップページ | お休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/53708983

この記事へのトラックバック一覧です: 選手権決勝:

« インカレ決勝 | トップページ | お休み »