2012/03/14

お休み

しばらく更新していないので今さらだけど、
当面このブログの更新はお休みします。

夏くらいに再開できればいいなあ。

こちらは適に更新するつもりです。
http://sheva.way-nifty.com/shuon/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/04

あけましておめでとうございます

2012年、始まったね。

半年も放置していたか。
いかんわな。なんか残していかないと。

年賀状でブログ書けという指摘も頂いたので、
あと、仕事もちょっと暇になっているので、
書いてみることにするかね。

昨年末から年初にかけて、いつもなら選手権の
シーズンなんだけど、今年はどうも気が重い。

年末にちょっとムリしたこともあって、
体調的に辛いこともあるけれど、なんだか
選手権の会場に向かうモチベーションがない。

どうしてだろう。

振り返ってみても、ここ数年は選手権よりも
インカレの会場に好んで足を運んでいる。
人が多い場所よりも、少ない方が好きだという
僕のパーソナリティが影響しているのだろうか。
そういえば、選手権のとき国立で門前払いを
食らったこともあった(後援会枠売り切れ)。
もうおれ見なくていいじゃんね、と思っちゃった。

選手権のサッカーの質の変化もあるのかも。
たいていの強豪校はプリンスリーグとかで
Jリーグユースと頻繁に試合をしているから、
どうしても技術重視のチームづくりになりがち。
おらー、大物食いしちゃる!みたいにリーグ戦を
戦うことはできないからね。高校世代でも。

それが嫌いってわけじゃないけどさ、
なんだか寂しいんだよね。淡々と負けていくのが。
んでもって、そんな学校と、他の学校の差が
昔よりも大きくなっているから、力の差は歴然、
みたいな試合になっちゃう。

ま、インカレもユース上がりの大学生サッカー部員が
ここ数年、大会の質を大いに変えているけれど。。。

で、そのインカレ決勝が5日に国立であります。
同日に選手権もあるけれど、専修大×明治大という
カードは、インカレサッカー史に残る名勝負になる
予感がひしひししております。

みなさん、ぜひ国立へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/31

2010年

今年もナビスコが終わって、天皇杯が終わって、
リーグ戦も終わってしまいました。
冬になって、今年はインカレずっと追いかけたりもした。

日本代表も若い世代がアジア大会で活躍したり、
新監督が決まったりとブログ書くネタは尽きないのですが、
ツイッターやってたらここに書く時間がない、と。。。

でもきちんと文章で残すようにしなきゃいかんね。
ツイッターとの連携はしないけれど。なんか違うと思うし。
来年からは書きます、と去年も書いたような気がするけれど、
しっかりと、やることやりたいと思います。

それではみなさま、よいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/11

ワールドカップ開幕前夜

「南アフリカ行かないの?」

最近、何度訊かれたことか。

今まで海外開催のワールドカップは2006年のドイツにしか
行ったことがないし、2002年の日韓開催は韓国には渡らず、
1998年のフランス大会は香港で観ていたというのに。。。

その前のアメリカ大会はほんの数試合しか観ていない。
1990年のイタリア大会なんてまともに試合を観た記憶がない。
だからそんなにサッカーフリークでもない、と自分では思ってる。

でも資金力があったら行ってたかもね。
高い航空運賃払って高い安全なホテルに泊まって、
街角で安いもの食べるのではなく高級なレストランで食事。
けどさ、そんなのワールドカップじゃないよね。

ドイツで体験したように、地元の安居酒屋とかスタンドとか
バーで飲み食いできないと楽しくないよ。
サッカーだけ観に行くわけじゃない。その国と、訪れてきた
各国の人たちと交流するのもワールドカップなのだ。
とそんなに経験がないのに断言してみる。

ヨハネスブルクを除けばそんなに危険がいっぱい、という
わけでもなさそうだけれど、それでもNYよりは危険だろうし、
自由が制限される旅はつまらない。
みんなに心配かけるわけにもいかない。

今回はテレビのワールドカップ。
去年のうちにそう決めた。

テレビ観戦しようと思えば全部観れるんだよね。
実はドイツ大会も日韓大会も、そんなに試合数は観ていない。
チケット取れなかった試合はテレビで観ようと思っていたけれど、
移動だとか、移動疲れだとか、観ていない試合が多数ある。
でも今回は生活のリズムさえ合わせれば、全部観れる。
仕事は午後にして、夜は試合観て、朝から昼まで寝る。

会社勤めじゃないからできることだけど。。。
こんな生活も、今大会が最後かもしれないから、
存分に、観れるだけ観て、楽しみたいと思います。
そして試合を観て思ったことは、なるべくここに書き記すこと。
頑張ろうっと。

優勝候補ねぇ。

いきなり思い付いちゃった。

真面目に考えたらブラジルか。
フランスかセルビアが結構上まで行きそうな気がするんだよね~。
あとアメリカも。
スペインとアルゼンチンはどこかで華々しく散る。
あ、ドイツ忘れてた。。でも小粒。
イングランドはいつも通り、そこそこまで。
オランダ? そんな上まで行く体力はない。
スナイデルもロッベンも今シーズンは限界まで身体を使ってる。

あとは?
アフリカ勢、コートジボワールが強いなぁ、と思っていたけれど、
ドログバが怪我しちゃったし。。。エッシェンいないガーナも同じ。
カメルーンは自然に壊れる。

アジア。
いろんな意味で北朝鮮がやらかしちゃうだろうなぁ。
ポルトガルはこういう相手嫌だろうねぇ。
日本と韓国、やっぱり今回は小粒。
いや、日本は勝つけどね。目の前の試合、目の前の相手には。

と、話は尽きないけれど、
そろそろ予定の時間になったので、寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/11

久しぶりの草サッカー

去年の秋以来、2カ月ぶりくらいにお誘いを受けて
オヤジ草サッカーに参加してきました。

携帯の写真ボケボケだけれど、
川崎の東扇島グラウンドはこんな感じの立地。
2010011013290000

そして対岸には工業地帯。
2010011013440000

普段はフットサルばっかりでサッカーはめったにやらない。
行くたびに初心者に戻るのです。
なんで、ファウルスロー取られたり、ヘディングの目測誤ったり、
自分のハンドでPK献上しちゃったり…。迷惑かけちゃった…。
でもチームは6対4というハイスコアで勝ち、ほっ。

でも、昨秋に比べて少しは多くボールに触れたし、やらなきゃ
いけないことはできたかな。まだまだボール扱えないけど。
走ることだけはやろうと思っていた。
でも、いきなり公式戦のフル出場とは思わなかった(笑)
なんかのリーグ戦だったらしい。事前の話ではメンバー多いから
交代ありだよと言われていたのに…。

で、まあ、ちょっとはやっていける感覚はつかめたかな。
いいチームで、来季は登録してと誘われた。
もちろん、こっちからお願いしたいくらいだし、嬉しい。
こんなやつでよければ、よろしくお願いしま~す。

ちなみに、やっぱりおれサイドバックだな。
戻れないから上がらないサイドバックだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/09

訂正というか、ブラインドサッカー

昨年末、ブラインドサッカーを観たときのエントリーについて、
室内で行うことが普通、ということを書いたんですが、
コメントに、それは間違いで、外でやるのが普通であるとの
指摘がありました。

どこかで見た映像と浅い知識で書いてしまったのが原因ですが、
誤解を文章にするのはよくなかったですね。

ちゃんと調べようとしたら、ブラインドサッカーの競技規則がネット
上では確認できませんでした。
今年度、新たに改訂された規則集が出るそうなので、また改めて、
紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/03

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします

正月前後は相変わらず高校サッカー三昧な僕。
大晦日は駒沢競技場へ、そして今日2日は等々力へ。

高校サッカーが最高の舞台だった自分が子どものころを
思い出しつつ、ほとんどの高校生のサッカー人生集大成と
なる舞台を楽しんでおります。

てなことで、里帰りもしない親不孝者です。
お盆には帰りますから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/28

さて、明日は新潟戦

仕事がひと段落して、ようやくパソコンの前で落ち着いて
好きなことができる時間がとれるようになった。
まだ雑務はあれこれ残っているけれど。

明日、明後日は久しぶりに完全オフ。
サッカー観て、サッカー観て、サッカー観て、
球蹴って、うまいもん食って、遊んでやるー。

新潟戦か。
J2の頃から、お互いにやっつけたりやっつけられたり、
いいライバルチームなんだよね。
最近、等々力では川崎の圧倒的な勝率だけど、
逆にビッグスワンではぜんぜん勝てない。

そんな相手に、今季の集大成を、今年はこんなチームだったと
心に残るような試合をしてほしいな。
最終節はなんかゴタゴタのうちに終わりそうだから、
ゲームの楽しむのは明日が最後のような気がする。

晴天の等々力で、いい試合を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/27

近況

しばらく更新してませんでした。
仕事やら、体調やらいろいろあって、
なかなか自分で文章を書くという
意欲がわかなかったもので…。

でもちゃんと、サッカーは見ています。
この前の広島戦は、
「ああ、一週間相手のことを考えて試合に挑める
 ということは、素晴らしいことなんだなぁ」
と思うほど、広島のいいところを消し、弱点を突き、
相手の退場というオマケもあったものの、
完全試合に近い勝ち方ができたねぇ。
休養とった憲剛はあんなに走れるんだなー、とも。

今度は一週間とちょっと空いて、ナビスコ決勝。
ファイナリストとしての誇りを胸に、
悔いのない戦いをしてほしい。
もう、経験不足なんて言いたくないし、言わせない。
それほどのキツイ試合を乗り越えてきたんだ。

さて、水色テープ、掘り出さなきゃ。
芯を抜いて巻きなおしたものだから、
投げたらきっと、クルクルになっちゃうだろうけど、
それもまた、この二年間の想いがつまって
いいじゃないか、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/16

妥当な措置、だけど

先日中止とされた鹿島×川崎戦、
その処遇が今日のリーグ理事会で決定された。
中断された時点から、前の記録を有効として後日試合再開。
10月7日に16分+ロスタイムの試合が行われる。

あの試合が中止されてしまった以上、
誰もが考えうる最も妥当な措置だと思う。
でもそれを引き出すには、かなりの苦労があったに違いない。

過去の通例である、0-0からの再試合。
または試合を途中打ち切りとして1-3で成立させてしまう。
双方が共に納得することのない、こんな結果にならなくてよかった。
再試合をするとしても、前のエントリーに書いたように今季は忙しい
川崎には空き日程がなかった。
でも、totoもあるし、早期に決着しなければいけなかった。

いろんな要素が絡み合って難しかっただろうけれど、
それでもベストの妥協点を見出した理事会には敬意を払いたい。
リーグも変わってきたのかな、と思う。いい方向に。
柔軟に、選手が、サポーターが納得する方向を導き出したのだから。

10月7日という日程にはある意味で驚いた。
翌8日には、アジアカップ予選の香港戦がある。
リーグ1位、2位のチームの選手が召集から外されるということだ。
憲剛と川島、岩政と内田が呼ばれることはない。
7日の試合は原則中断時の選手がそのままピッチに立つこととされて
いるからね。発表はされていないけれど、呼ばれないよね?
協会も譲歩したんだろう。岡田監督が確か鹿島スタジアムに来ていた
と思うけれど、彼も中止するような天候ではないと考えたはずだし。
再開試合には協力してくれるだろう。
まさか16分だから大丈夫とか言わないよね…。

…丸く納まったように思えるけれど、いい結果だとは書いたけれど、
やっぱり、あの試合が中断されて、再開試合をしたとしても、結果が
まったく同じとは思えない。
条件も違うし、それまで選手が怪我してしまうかもしれないし、
疲れもメンタル面もぜんぜん違ったシチュエーションになる。
だからこそ、間違った判断を下した審判団とコミッショナーには、
もう一度サッカーの本質というのを考え直してほしい。
試合は誰のためにやっているのか。。。

まあでも、時計は戻せないのだから試合再開を楽しみにしよう。
観客を入れるのかどうか、チケットの扱いはどうなるのかなどはまだ
発表されていないけれど、はたして16分の試合のために観客は集まるのか。
鹿島はホームとはいえ平日の夜だ。川崎ははるばる出かけなきゃいかん。

お気楽な観戦者的立場で言うと、実は16分の試合はすごく楽しみ。
だっていままで観たことないでしょ、日本では誰も。
短い試合、それも点差がついている場面で、どのようにモチベーションを
もっていくのか。コンディションをどう作っていくのか。

試合時間が短いから、最初から飛ばせるだけ飛ばせばいいと考えるかも
しれないけれど、トップギアは10分くらいしか続かない。
よく交代選手が入って最初は勢いよく走りまわるけれど、そのうち最初から
出ている選手よりも疲れてるんじゃないかと思うほどスピードが落ちる。
急に上げ過ぎると、その反動は半端なく体の動きを止めてしまう。
チーム全体でトップギアに入れてしまうと、残り5分+ロスタイムで
ヘロヘロになってしまいかねない。どっちのチームも、5分で3点を入れる
決定力はあるのだ。

とはいえ、最初受け身で入ってしまうと(川崎はよくやっちゃうけれど)、
なかなかギアチェンジができない。後半に入ってようやく体がキレてくる
ということもよくある。あれやこれやと何点も入ってしまうこともあるだろう。
選手はもちろん、コンディショニングコーチ、試合前のアップをどうするのか、
フィジカルコーチがどう体を仕上げていくのか、そんな総合力が普通の
試合よりも色濃く結果に反映されるかもしれないね。

川崎は2点のリードを守るのか、追加点を取りに行くのか。
鹿島は最初からトップギアで行くのか、まずは落ち着いて入るのか。
チーム内の意思統一がカギにもなりそうだけど、この2チームに
その心配はなさそう。だからこそ1位と2位にいるんだ。
だから、どんな戦術を取るのか、非常に面白い試合になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧