2012/01/11

選手権決勝

前半開始1分の先制点。
後半ロスタイムの同点ゴール。

その間の90分は濃密なせめぎ合いが続いた。
これが、退屈な90分だったのか、それとも
極度の緊張状態が続いた90分だったのか。
それは延長後半が終わって笛が吹かれた瞬間、
勝った方も負けた方も、両チームの選手がバタバタと
ピッチに倒れ込んだことでわかることになる。

それにしても選手権に出てくる選手のレベルは上がった。
決勝を観にきたのは3年ぶりくらいだけれど、
止める蹴るの基本技術は大きく進歩している。
選手の意識が高まったのか、Jユースの影響なのか、
はたまた指導者が変貌を遂げたのかわからない。
けれど確かに、日本の高校生は上手くなっている。

地方大会とか選手権準決勝まではテレビでしか見て
いなかったから、全体的な底上げが行われているのか
どうかはわからないけれど…。

しかし個人的には、ちょっと寂しさを感じる。
高校サッカーでは、ひとりの絶対的エースがチームを牽引し、
強豪校を倒すのが好きだからだ。
今は、それだけじゃ上まで残ってこれないのかな。
でもそんな選手が、プロになって活躍している例は多い。
決勝戦は高度なゲームだったけれど、
僕がスカウトだったら、自分のチームにぜひ、と思う
選手がいなかった。それが残念だった。

試合は面白かったけれど、いい選手に巡り合えなかった。
選手個々のレベルは上がっているのに、なんかおかしい。
そんな決勝戦だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/08

インカレ決勝

今夜遅く、テレビ録画放送があるらしいので、
その前にインカレ決勝の雑感を書いておく。
走り書きなんで乱文お許しあれ。

準決勝までを観戦して、決勝は明治に分があると
なんとなく思っていた。

専修の勢いはすごいし、攻撃が型にはまったときは
これまでインカレで見たことのない爆発力を発揮する。
でも一方で、DFの裏に穴があり、特に両サイドバック
の裏側は狙われて然るべき弱点であったのは確か。
攻撃は最大の防御というように、見えなくなっている。
そこを試合巧者の明治が見逃すわけはない。

何よりも、インカレ初出場で初の決勝だ。
若い選手も多く、舞い上がってしまうのではないか。

実際、前半はその通りになった。
どこか専修の動きは硬く、いつもの三の矢が出てこない。
明治がボールを支配し、専修が守りに追われる時間帯
が多かったように記憶している。

ただ、それは明治が専修の弱点を突いたという形では
なく、専修があえて出なかった、という気もした。
こればっかりは監督と選手に聞いてみないとわからない。
そして、前半のうちに明治は決定的なチャンスを
決められず、スコアレスで後半を迎える。
専修が出てこないから、明治もボールを回すだけで
出られない。そんな睨みあいの前半だった。

これが作戦だとしたら、専修は大したもの。
後半、特にスイッチを入れた感じはないものの先取点を奪う。
そしたら一気呵成に攻めに出る。どんどん選手が前に出る。
長身FWに当て、両サイドの7番と14番が絡み、10番と6番
ががっしりと中盤を組み立てる。いい時の専修が蘇る。

一気に変貌を遂げた専修に、明治はなすすべなし。
ただ耐えるだけ。ときたま訪れるチャンスにも及び腰。
一人ひとりは明治の方が上手いのに、勝負しない。
これじゃダメだ。

個人でみると、フロンターレ内定の明治GK高木君に見せ場なし。
失点がすべてGKとしてはノーチャンスだったけれど、
崩れたチームを立て直す気概が感じられなかったのは残念。
一方、専修のフロンターレユース出身の仲川君はその可能性を
存分に見せつけた。まだ1年生だってのに、ピッチでは王様。
ジュニーニョを見て育った子どもの世代だけあって、圧巻の存在感。
特別指定で囲っておいた方がいいんじゃないの?

ただ、試合終了直前に交代させられて、不快感を露わにする若さも。
コーチと監督に怒られていたのが可愛かった。
(もしかしたら、終盤のプレーの軽さを怒られたのかもしれないけど)
あのプレースタイルだと、必ず一度は頭を打つ。
それを乗り越えたら、すごい選手になるだろうな。来年も楽しみだ。

専修フィーバーで幕を閉じた今年のインカレ。
動員かけて1万人を超える観客が集まったけれど、
もっともっと、たくさんの人に見てほしい試合内容だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/21

梅雨ですな

ブログには書いてないけれど、
毎度の通り、サッカーはたくさん観ております。
スタジアム観戦したものだけ書きあげると:

5月20日(金)
セレッソ大阪×川崎フロンターレ
地元でやりたい調べ物があったので帰郷。
というかキンチョウスタジアム行きたかったのも半分。
もったいない試合だったなぁ。
セレッソはよくなかったのに、自作自演的なドロー。
でもだんだんチームはよくなってきている、と実感。

5月29日(日)
川崎フロンターレ×ガンバ大阪
1年に1度はある憲剛の日。
先制弾とロスタイムの劇的決勝ゴールだけではなく、
試合を支配していたのは中村憲剛。
よく残ってくれたよ、川崎に。

6月7日(火)
日本×チェコ
キリンカップという、そんな軽くはない舞台で、
試験的なフォーメーションを用いることができるのが、
今の代表監督の信頼度が高いことを証明している。
内容はあれだけど、ツェフと川島が見れたことだけで、
酒が旨かったね。

6月11日(土)
川崎フロンターレ×ヴァンフォーレ甲府
こういう試合は勝たなきゃいかんのだ。
等々力で撃ち合いしたら、必ず最後には笑わなきゃ
いかんのだフロンターレは。非常に残念な結果。

6月15日(水)
大宮アルディージャ×川崎フロンターレ
水曜ナイターなんて人が入らんだろうと、
ここは自分の出番だと大宮まで出かける。
でも心配いらんかった、アウェーのフロサポ増えたね。
んで、ナックでこんな嬉しい、楽しい試合が観れるとは。
すごく充実した試合だった。
前半はどうなることかと思ったけどね。

6月18日(土)
川崎フロンターレ×サンフレッチェ広島
等々力で観る川崎広島は面白い。
で、川崎は負けない。
だから安心して観ていられるカード。
その通り、完勝。
この調子で、連戦を乗り切れば自信もついてくるだろう。
次、日本平が正念場。

が、どうやら水曜の日本平は参戦ムリそう。。。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/16

川崎フロンターレ×鹿島アントラーズ

今年のJリーグ開幕から、このブログをちゃんと書こうと
思っていたけれど、地震で世の中変わっちまった。

まだいろいろと落ち着かない。
でもゆるりと書き溜めておくことにします。

先週の国立でのACL、鹿島×シドニーを現地で観て、
「ああこのままの鹿島で週末も等々力に来てくれれば…」
と期待していたんです。

そしてその通りの前半。
エンジンのかからない鹿島に対して、シドニーにはまったく
なかったプレスとスピードで圧倒して2点のリードを奪った。

川崎は、これまでみられなかった裏へのボールを多用して
鹿島の守備を押し下げて、どんどん圧力をかけていく。
球際の勝負にも意識的に挑んでいき、いい形で前半を終える。

でも後半、風上に立ったことで、普通なら有利に働くはずの
シチュエーションが、ボールが流れてしまうということで
なかかなペースがつかめなくなる。
もちろん、さすがに鹿島も切り替えて、パス回しのボールの
スピードも急に上がった。オリベイラ監督さすがだね。

後半開始早々に失点し、そのまま鹿島のペースが続く。
選手交代でなんとか打開を図ろうとするけれど、なかなか
変化の兆しが見えなかった。
それを打ち破ったのは、憲剛のパス1本。

ボランチに横山が入り一列上がった憲剛は、ボールタッチの
回数が減ってうまく機能していないように見えたけれど、
相馬監督が期待していたのはおそらくこの1本。
途中出場の小林が迷いなくゴールに流し込み3点目。
これで勝負あり。

かと思いきや、ロスタイムに失点しあたふたあたふた…。
川崎らしいと言えばそれまでだけど、相馬監督のミーティングが
また長くなるような、ちょっと上手くないロスタイムの過ごし方。
まあ、このチームで、1点リードした状態でのロスタイムは
まだそんなに経験していないから仕方ないかな。
これから学習していけばいい。

小林が結果を残していることで、おそらく矢島の尻に火がつく。
黒津もそろそろ復帰してくるようだし、久木野だって小林の
活躍をみて刺激されないわけはない。
楠神もケガから復帰してきて今日はベンチ入り。
今日は左で元気よかったけれど、登里ももっと頑張らないとね。
ゴールした山瀬だって、ジュニーニョだってうかうかしてらんない。
そして田坂はまだか、と…。

ケガ人復帰で、チーム内の競争も激しくなっている。いい感じ。
個々が成長し、いい流れをつかみたいね!
次のセレッソ戦はすごく大事。
だが金曜日のナイトゲームだと?キンチョウスタジアム。

行こうかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/18

アジアカップ2011 日本×サウジアラビア

グループリーグの最終戦は、
当たりか外れか、往々にしてはっきりする。
ワールドカップなんかで、観戦試合を選ぶ(チケットを取る)
ときにかなり悩むところだ。

日本にとっては万々歳の結果となったサウジ戦は、
第三者にすれば一方的でかなり退屈。
日本のパス回しや得点機に目を見張ることはあっても、
試合の行方についてハラハラドキドキすることはない。
ああ日本強かったね、でも試合としては…、という感想。

一方で同時刻に行われていたヨルダン×シリアは、
2位の座をかけた直接対決。盛り上がらないわけはない。
試合終了のホイッスルが鳴るまで、白熱したせめぎ合いが
繰り広げられていた。結果はヨルダンの勝利。

と、これはあくまでも傍観者としての見方であり、
日本にとってこの三戦目は、いろんな意味で大事な試合であり、
絶対に勝ちたい、それもいい内容で進めたい一戦だった。
GK川島が出場停止、そしてシリア戦で存在感を示した松井が
怪我で離脱、そしてもはや日本の支柱である本田も怪我。
現体制の日本代表が初めて体験する、ベストメンバーが
組めない試合だったのだ。

(続きに続く)


続きを読む "アジアカップ2011 日本×サウジアラビア"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/01/14

アジアカップ2011 日本×シリア

いやいや、厳しい試合。

初戦、サウジに勝ってアジアを驚かせ、勢いそのままに
日本戦に挑んできたシリアは、序盤は互角の戦いを見せる。
しかし日本の波状攻撃に失点を喫し、次第に弱気な顔が。
ここで日本がもう1点決めていれば、試合はもう終わっていた。

後半に入り、再度ネジを巻き直し勢いづくシリア。
そこで想定外の事態が起きた。
日本のバックパスの連携ミスからクリアが小さくなり、ボールが
シリア選手の前に飛び、跳ねかえってボールはゴール方向へ。
オフサイドポジションにいたシリアの別の選手と日本GK川島が
競り合い、もつれあって倒れる。

副審は、ボールを前に送った(跳ね返した)のはシリアの選手
だとオフサイドの旗を上げた。
しかし主審は、少し後で競りにいった日本の選手に当たったと
判断したのか、オンサイドと判断。
この場面は寄った画像がないから判断がつかないけれど、
僕の目にはオフサイドと見えた。
試合後にリプレイ何度みてみてもこの判断はわからない。

主審は副審の判定にオーバーコールして、PKを与える。
そして川島にはレッドカード。
これを中東の笛と捉えるのか、アジアカップの笛とみるのか、
イラン人の審判団に訊いてみないとわからない。
いや、訊いてもわからない。これがアジアカップの舞台なんだ。
きっと。

(続き)に続く

続きを読む "アジアカップ2011 日本×シリア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/11

高校サッカー選手権、決勝

高校サッカー選手権決勝、滝川第二×久御山。
年末からの風邪がどうも抜けきらないので、
寒風の国立に行くのは控えてぬくぬくとテレビ観戦。

面白い決勝戦だったね。
選手権の決勝は一方的なゲームかガチガチの試合となる
パターンが多い(選手権に限らず決勝はね)けれど、
お互いの持ち味を出し切った好試合。

個々の実力に勝る滝二が試合をコントロールしていたけれど、
点を取るしかない展開に追い込まれてから久御山が覚醒。
願わくば最初から久御山が行って、流経柏戦のような
試合運びができればよかったんだけど、さすがに滝二は
久御山のことをよく知っていたようだ。オトナの試合運び。

久御山も、相手が知らない部分を出せればと思って観ていたけど、
高校生にそれを望むのも酷かな。決勝という舞台だったし。

今回の選手権、この2校が決勝に残ったことに意味がある。
強豪と言われながらもこれまで優勝できなかった滝二。
それでも自分たちの校風を変えず、滝二はいつも滝二。
久御山も京都の代表になったりならなかったり、それでも
監督は長年、今のスタイルを維持し、高めてきたという。

高校サッカーは、(ほとんどの)選手には一生に一度の舞台。
でも学校にとっては、毎年毎年選手を入れ替えて挑戦できるところ。
ただ勝つためだけに有力選手を集める学校もあれば、うちの
サッカー部はこんなサッカーをするんだ、やりたいやつ来てくれと
理想を掲げて選手を募る学校もあるだろう。
または本当に地域の子どもたちだけで、何年かに一度好チームを
つくりあげる監督が出てきたり。。。
どれもこれも、1年ではなし得ないこと。
何年も何年も培ってきてようやく芽が出ること。
それを許す、高校サッカーであり続けてほしい。

(いつも読み返しとかしないでアップしてしまうので、誤字脱字
 や意味不明なところあったらすみません。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/10

アジアカップ2011 日本×ヨルダン

アジアカップをどうしてワールドカップの翌年に、
それも1月にやらないといけないのか。
なんて言ってても仕方ない。大事な大会が始まった。

新監督ザッケローニにしては初の公式戦。
去年のテストマッチは実質的には原さんが選んだメンバーで、
ドイツ大会のチームを下敷きにしたものだったので、
ぶっつけ本番と言ってもいい試合だった。

案の定、楽に勝たなきゃいけない相手、ヨルダンに苦戦。
終了直前にやっとのことで追い付いてドロー。

でもまあ、ただでさえ厳しい大会であるアジアカップで、
初めて本気の試合をするメンバーで、負けなくてよかったという印象。
この試合の経験を、次に活かせばいいのだ。
これから3日間、じっくりと連携を深め、話をし、監督はメンバーの
変更も含めて考えればいい。

いくら日本とヨルダンのサッカーの差があるとしても、
ぱっと組んでさっと勝てるような甘い競技じゃないよサッカーは。

深夜の試合、シリアがサウジアラビアに勝利。
こっちの方がアジア的にはびっくりな結果だと思う。
この4国がグループ通過をかけてあと2試合。
するっと何の問題もなく勝っちゃうより、苦しんだ方がいいじゃない。
ますます次のシリア戦が楽しみになってきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/09

高校サッカー選手権、準決勝

高校サッカー選手権準決勝。
流通経済大柏×久御山、立正大淞南×滝川第二。
テレビ観戦。行こうと思えば行けたんだけど。。。

なんかここ数年、選手権には歓迎されていない気がするのだ。
1回戦~3回戦くらいはいいんだけど、準決勝以降が行われる
国立にはあまり足が向かない。
きっかけは数年前に後援会枠のチケットがなくなってしまって、
せっかく国立まで行ったのに観戦できなかったってこと。
そのときは一般売りも売り切れで、特殊事情はわかる。
でもその翌年だったか、後援会枠のチケット配布が枚数制限に
なって、スタジアムがガラガラだったのに入れなかったこと。
早く行けばよかったのだし、普通に買えば入れるんだから
自業自得というか、自分がケチくさいだけ。
それはわかっているけれど、ねぇ。

とここまで書いていて、以前にも同じようなエントリーをした
記憶がよみがえってきた。嫌な思い出だ。

それはさておき、この準決勝の2試合、共に好試合だった。
優勝候補の流経柏に立ち向かう、己のサッカーを貫く久御山。
タレント揃いの滝二に真っ向勝負を挑む淞南。
見所の多いゲームだったけれど、共に90分で決着がつかずPK。
その結果、決勝戦は久御山×滝二となった。
関西勢同士の決勝戦は久しぶりだか初めてのこととか。
必ずしも実力通りの結果にはならないのがサッカーの面白いところ。

さて、僕は決勝の国立に足を運ぶのでしょうか?
ここ数年はテレビ観戦で済ませているんだけれど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/07

インカレ(サッカー)決勝、中京大学×関西大学

12月31日から1月4日まで、例年になく長い間帰省していたので、
今年のサッカー初観戦はインカレ決勝、中京大学×関西大学。

去年末から今回のインカレはずっと追いかけていて、
1回戦: 鹿屋体育大学×高知大学、明治大学×新潟経営大学、
準々決勝: 明治大学×高知大学、駒澤大学×中京大学、
準決勝: 高知大学×中京大学、筑波大学×関西大学、と観戦。

数年前からインカレの妙な魅力に惹かれて出かけるようになったけど、
今年は世間の注目度が上がっていた気がする。
福岡大学の永井謙祐がいたからだ。そして先のアジア大会で大学生
たちが大活躍していたこともあるだろう。
でもまあ、それも福岡大学が敗退するまでのことだったけれど。
準決勝の平塚と、決勝の国立はいつも通りのインカレだった。


(続き)に続く

続きを読む "インカレ(サッカー)決勝、中京大学×関西大学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧