2011/01/18

アジアカップ2011 日本×サウジアラビア

グループリーグの最終戦は、
当たりか外れか、往々にしてはっきりする。
ワールドカップなんかで、観戦試合を選ぶ(チケットを取る)
ときにかなり悩むところだ。

日本にとっては万々歳の結果となったサウジ戦は、
第三者にすれば一方的でかなり退屈。
日本のパス回しや得点機に目を見張ることはあっても、
試合の行方についてハラハラドキドキすることはない。
ああ日本強かったね、でも試合としては…、という感想。

一方で同時刻に行われていたヨルダン×シリアは、
2位の座をかけた直接対決。盛り上がらないわけはない。
試合終了のホイッスルが鳴るまで、白熱したせめぎ合いが
繰り広げられていた。結果はヨルダンの勝利。

と、これはあくまでも傍観者としての見方であり、
日本にとってこの三戦目は、いろんな意味で大事な試合であり、
絶対に勝ちたい、それもいい内容で進めたい一戦だった。
GK川島が出場停止、そしてシリア戦で存在感を示した松井が
怪我で離脱、そしてもはや日本の支柱である本田も怪我。
現体制の日本代表が初めて体験する、ベストメンバーが
組めない試合だったのだ。

(続きに続く)


続きを読む "アジアカップ2011 日本×サウジアラビア"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/01/14

アジアカップ2011 日本×シリア

いやいや、厳しい試合。

初戦、サウジに勝ってアジアを驚かせ、勢いそのままに
日本戦に挑んできたシリアは、序盤は互角の戦いを見せる。
しかし日本の波状攻撃に失点を喫し、次第に弱気な顔が。
ここで日本がもう1点決めていれば、試合はもう終わっていた。

後半に入り、再度ネジを巻き直し勢いづくシリア。
そこで想定外の事態が起きた。
日本のバックパスの連携ミスからクリアが小さくなり、ボールが
シリア選手の前に飛び、跳ねかえってボールはゴール方向へ。
オフサイドポジションにいたシリアの別の選手と日本GK川島が
競り合い、もつれあって倒れる。

副審は、ボールを前に送った(跳ね返した)のはシリアの選手
だとオフサイドの旗を上げた。
しかし主審は、少し後で競りにいった日本の選手に当たったと
判断したのか、オンサイドと判断。
この場面は寄った画像がないから判断がつかないけれど、
僕の目にはオフサイドと見えた。
試合後にリプレイ何度みてみてもこの判断はわからない。

主審は副審の判定にオーバーコールして、PKを与える。
そして川島にはレッドカード。
これを中東の笛と捉えるのか、アジアカップの笛とみるのか、
イラン人の審判団に訊いてみないとわからない。
いや、訊いてもわからない。これがアジアカップの舞台なんだ。
きっと。

(続き)に続く

続きを読む "アジアカップ2011 日本×シリア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/10

アジアカップ2011 日本×ヨルダン

アジアカップをどうしてワールドカップの翌年に、
それも1月にやらないといけないのか。
なんて言ってても仕方ない。大事な大会が始まった。

新監督ザッケローニにしては初の公式戦。
去年のテストマッチは実質的には原さんが選んだメンバーで、
ドイツ大会のチームを下敷きにしたものだったので、
ぶっつけ本番と言ってもいい試合だった。

案の定、楽に勝たなきゃいけない相手、ヨルダンに苦戦。
終了直前にやっとのことで追い付いてドロー。

でもまあ、ただでさえ厳しい大会であるアジアカップで、
初めて本気の試合をするメンバーで、負けなくてよかったという印象。
この試合の経験を、次に活かせばいいのだ。
これから3日間、じっくりと連携を深め、話をし、監督はメンバーの
変更も含めて考えればいい。

いくら日本とヨルダンのサッカーの差があるとしても、
ぱっと組んでさっと勝てるような甘い競技じゃないよサッカーは。

深夜の試合、シリアがサウジアラビアに勝利。
こっちの方がアジア的にはびっくりな結果だと思う。
この4国がグループ通過をかけてあと2試合。
するっと何の問題もなく勝っちゃうより、苦しんだ方がいいじゃない。
ますます次のシリア戦が楽しみになってきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/29

オランダ×日本

川島永嗣、悔しかったろうな。

今大会、何かと話題になる公式球のジャブラニ。
軽いとか曲がらないとか無回転になったらどうしようもない
軌道で飛んでいくとか。。。

公式球の重さは規定によって決まっているし軽いわけはない。
反発係数だとか空気圧もしっかりと定められているはずだ。

これまでのボールと違うのは、表面のパネルの貼り方。
縫い目がほとんどないため、空気抵抗が少ない。
とすると、ピンポン玉を投げたときのように予期しない変化をする。
風があればなおさら、だろう。

スナイデルの放ったシュートは、手前30センチで変化したという。
本当か?と思うけれど、一流のアスリートはサッカーボールの
数センチの揺れや動きを感知する目を持っているから確かだろう。

反応の速さが災いしたという見方もできる。
もう少しゆっくり飛んでいれば、外か手前にはじくことができたのでは。
でもあの反応スピードがあってこそ、届くボールだってあるのだ。
とんでもないスピードで飛んでくるシュートを防ぐにはあのスピードが
必要なのだ。

こんなことで凹んだりしないのが川島永嗣だ。
日本を救うビッグセーブが、必ずみられるはずだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/18

日本×カメルーン

日本×カメルーン

どうしてこのガラガラのスタジアムに自分がいないんだろう。
やっぱり行けばよかったかな、と考えながら観戦。
ゲン担ぎに勝つカレーを食い、万全の態勢でテレビの前に。
この試合ばかりは、ツイッターもしないで集中、集中。
おそらく日本でテレビを観ているサポーターもみな集中。

その思いが伝わったのか、日本の立ち上がりは集中していた。
特に両サイドの大久保、松井の運動量が多く、自分たちの
ボールを運ぶ以外に、カメルーンの攻撃に蓋をする役目を
存分に果たしていた。

特に大久保。おそらく最初から、途中で潰れてもいいと考えて
飛ばして行ったんだろう。これまで観た中で最高だった。
こんな大久保を長年待った甲斐があったってもんだ。
松井も存分にその強さ、しなやかさをみせてくれたし。
この2人がずっと踏ん張ったおかげで、本田が自由に動けた。
この布陣はワントップではなく、ノートップだと思う。
ローマがチームトッティを確立させるためにやった戦術。
日本にはトッティはいないけれど、効果的な闘い方だ。

もうひとつ大きかったのは中澤の復調。
どうも今年はJリーグでも代表戦でも緩い守備が目立っていた
けれど、ここにきてかなり仕上がってきた。
まるでこの日を目標にしていたかのように、だ。
ドイツの過ちは繰り返すまい、という強い意志も感じられる。

本田の先制点。ま、彼は持っているから、当然の結果。
あれは入れてくれなきゃ困る。そのための布陣なんだから。

そしてマスコミでは川島が大絶賛されているけれど、
いつも見ている立場からすれば、明らかに入れ込みすぎ。
次のオランダ戦では、本来の姿を見せてくれるでしょう。
日本一美しい飛翔を、世界にお披露目するのは次だ。

日本が上げたこの1勝。
海外で行われたW杯で初めての勝利。
この試合を、カメルーンが悪かったからだと言う人もいるだろう。
でもどのチームも日本より格上なのだ。
こちらが100%で立ち向かっていって、ようやく試合の形に
なるくらい、個々の選手の実力差は大きい。
その差を埋めるべく、万全の態勢で挑んだ日本の勝利。
強国カメルーンは100%でなかったから勝てた。
その通り。

でも日本はこの1勝で得た自信と経験を、次の試合に生かせる。
そしてまた、成長していくのだ。
4年前のオーストラリア戦で止まってしまった時計を、
ようやく動かすことに成功した。

嬉しかった。ありがとう、日本代表。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/05

日本×コートジボワール

思ったことをつらつらと箇条書き。

試合後のインタビュー。岡田監督。
「戦える選手がわかった」

日の丸を背負って戦える23人を選んだんじゃなかったんですか?
好意的に解釈すると、標高の高いキャンプ地から今日の試合が
行われた低地への変化についていけた選手、ここ数日の負荷を
かけた練習後でも変わらず走れた選手、気温差が20度あっても
気にならない選手、がわかったということですか?

そうであると信じたい。
でないと選に漏れた選手たちに顔向けできないでしょ。

12時20分に試合をやる意味。
ワールドカップ本戦の第一試合は現地の13時30分。

今日の試合は日本時間の19時20分キックオフ。
いわゆるゴールデンタイム。それに合わせたと思われる。
(当然日本がお願いして試合を組んだんだろうし)
あと1時間くらい遅くて何の問題があるんだろうか?
ただでさえ昼間の試合はコンディション調整が難しいのに、
この追い込んだ状況で選手に無理強いをさせていなかったか。

たった1時間、でも1時間ゆっくり寝られると思えば全然違う。
草サッカーでさえ、1時間違えば体の動きは違う。
そのほんの小さなズレがOGとか怪我につながるんだ。

プロなんだからそれくらい合わせなさいという観点もあるだろうけど、
いま一番大事なのはワールドカップ本戦に向けた調整でしょ。
ドイツで灼熱の下でリーグ2試合を戦わなくてはいけなかった
理由はテレビ中継にあったんだから。。何も変わっていない。
スポンサーが大事なのはわかるけれど。。

個々の選手の寸評をするに値する試合じゃなかったね。
全体的に重くて何をしたいのかわからず、怪我したくないから
無理もできず、でも及び腰で行くと逆に怪我しちゃうという悪循環。

コートジボワール戦は、お互いに辛い結果になった。
ドログバは本当にワールドカップに縁もツキもない。
今野とドログバの怪我が軽くて、本戦のピッチに立てることを祈るのみ。

と、いつもまとまりなくてすみません。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/31

日本×イングランド

試合結果。

日本   1 - 2  イングランド。
(田中1)        (OG2)

このニュースが世界に配信されたら、
もちろんイングランドの試合だから流れるわけだけど、
きっと世界は驚くに違いない。
たとえW杯前のテストマッチであっても、だ。
きっとイギリスのタブロイドは格好のネタとして取り扱い、
W杯登録選手としてOGが決定、とか書くはずだ。

ある意味、岡田監督が言う「世界を驚かす」サッカーはできた。
強豪相手にしっかりとラインを作って守りを固め、
ブロックを形成してシュートコースを消す戦術。
おそらく監督や選手はこれだけの守備戦術を良しとせず、
もっと攻められたと反省するだろうけれど、
イングランドの選手を本気にさせ、なおかつ完璧な崩しを
封じ込めたことは、自信になるに違いない。

しかし、去年のオランダ戦と同様に後半の20分過ぎに連続失点。
OGではあるけれど、GKとDFの間を狙って強いボールを入れるのは
雨でスリッピーな状況ではよくやる戦術ではあるので、入れさせて
しまったことが悔やまれるところ。
終盤に入ってのサイドの守備に課題が残った。
真ん中ではじき返せる力があればいいけれど、どうしても後ろ向きの
守備だと苦しくなる。OGのボールも欧州のDFならはじき出していた
はずだから。。

続きを読む "日本×イングランド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/25

日本×韓国、キリンチャレンジカップ

3カ月も放置してしまった、このブログ。
「ツイッターやり始めるとブログ更新が疎かになる」病です。

でもちょうど前回のエントリーが東アジア選手権の韓国戦。
振り返るのにちょうどよかった、のかも。。
日本×韓国、アウェー側のゴール裏で観戦。
心配していた雨も、試合中はほとんど気にならない程度、よかった。

結果は完敗。
技術もスピードも体力も相手が上回っていた。

日本代表のコンディショニングがどういう状態だったのか、
負荷をかけた練習を始めて疲れがたまっているのか、
怪我人が多くて満足に練習もできていなかったのか、
外からみている限りでは判断できないけれど、知りたい。
これがトップコンディションだと言うのならば、泣くしかないけど。

韓国代表のモチベーションは、日本のそれよりもはるかに高かった。
まだ23人のW杯代表を発表していない韓国(現在は26人)。
そりゃ当落線上の選手は必死だろう。
一つひとつのプレーの厳しさにそれが表れていた。
序盤から寄せが早くて、日本はやりたいサッカーができない。
そして朴智星のプレミア級のゴール。
あそこでコースを開けてはいけないのだ。

先取点を決めた後は、韓国もスピードダウン。
日本がボールを支配するようになるけれど、攻めは及び腰。
パスは回せどゴールに、いやシュートに結びつくようなボールが出ない。
チャンスは長友と本田の突破のみ。これじゃ寂しい。
俊輔と遠藤の調子の悪さが、この結果に表れているんじゃないか。。

後半、日本も韓国も選手が入れ替わり立ち替わりしていく。
ここからはテストマッチのような雰囲気。
ボールは落ち着かないけれど、日本もフレッシュな選手がかき回し始める。
憲剛のスピードアップや前を向く姿勢はよかったし、森本の位置取りも
よかった。でも悲しいかな、周りとの連携がまったくダメ。

6月14日まであと20日くらい?
テストマッチが2試合。。しっかり立て直して欲しい。

岡田監督、試合後の挨拶はせず。
そりゃないぜと思ったら、会長に進退伺を立てていたとのこと。
わかるよ、嘘はつけない人だから、けじめをつける前に頑張ってきます、
なんて言えないってことは。
でもさ、壮行試合に来たサポーターに対して失礼で、寂しいことですよ。
能活はこんなことをかぶせるために呼んだんじゃないでしょう?

今からでもいい、活字メディアを通してではなく、テレビの生放送か何か
で僕らに決意を聞かせて欲しい。

僕らは日本代表を見捨てることは出来ないんだから。

久しぶりに書くとどんなペースで書いていたのか忘れちゃいますな。。
今さらながら、W杯に向けてしっかり書いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/15

日本×韓国、東アジア選手権

結果はまあ、ここで書くことでもないので省略。

敗因を僕なりに考えてみた。

続きを読む "日本×韓国、東アジア選手権"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/14

日本×韓国、東アジア選手権女子

テレビでいいやと思っていたんだけど、
うまく寝れず朝早くに目が覚めて、
バンクーバー五輪の開会式なんか見ていたら、
なんだか味スタに行かなきゃいけない気がして、きて
あわてて準備して電車に飛び乗る。
なかなか聖火が点かなかったから到着はギリギリ。

女子代表にとって、北朝鮮が政治的なゴタゴタで不参加と
なったため、優勝という結果が求められるこの大会。
(北朝鮮の不参加は本当に残念で、嫌な政治介入だ!)
しっかりと3連勝で、優勝を手にしたなでしこはすごいよ。
それも、大幅にメンバーの若返りを図りながら、だもの。

過密日程、寒さ、冷たい雨と悪条件が重なったけれど、
フィジカルを武器にゴリゴリと押してくる韓国をなんとか
凌ぎ切り、試合終了の笛が吹かれたとき、観客の2千人
だか3千人は、みな立ちあがり惜しみない拍手を送った。

まだまだこのメンバーでアジアカップやW杯予選を戦うには
少し心許ない、判断ミスや甘いところもあるけれど、
どんどんと強くなっていくんじゃないかな、という予感を
させるチームだった。
この部分が、今の男子と絶対的に違うところで…。

男子と女子とを単純に比較するのはばかげた論調だと
思うけれど、いつも全力で、結果を残す女子代表の試合は、
スタジアムに足を運ばせる何かがあるんだよね。
ぜひ、次の女子代表の試合があれば、観に行ってあげて
ほしいと思う。もっと大観衆の下で試合させてあげたい。

なんて書きつつ、今大会の女子代表試合を、フルで観た
のは今日が初めてでした。。。すみません。。。
だってこの真冬に、暖房設備もなく風よけもなく、暖を取る
飲み物食い物があまりにも貧弱なスタジアムに5時間も
6時間もいれないもの。。。
本当に根性が据わったひとはいるけれど…、そこまでは…。

最後に、女子サッカー日本代表、東アジア選手権優勝おめでとう!
あなたたちは本当にいつも期待を裏切らない。素晴らしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧